■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
南京旅行 2日目
2日目はゆったりペース。

1家族は午前中虐殺記念館へ。
うちは、aくんとプールで遊ぶことにしました。

1家族を送って行ったパパさんの代わりにはならないけど、
パパさんより従順なシモベである若旦那、
とことん水に沈められて遊んでました。
”変なおじさん”というあだ名をつけてもらって、喜ぶ若旦那。
本家志村ケンを知ってるわけじゃないと思うけど。
aくん、若旦那と遊んでくれてありがとう。

ランチをしてから、みんなで中華門へ。
西安の門より見ごたえ十分。
かなり立派な出来栄えの紹介DVDに見入ってから歩くと、ほほぉ!と感動が。
そして東西に伸びる門。
中華門中華門2東西にのびる門

次はすぐ近くの夫子廟。
ここは豫園の老街を大きくしたような、地元の人が多く訪れる
商店街兼憩いの場。
夫子廟の商店街夫子廟

そして私の希望の長江大橋へ。
すごいデカイ!すごい強風!こわい。
でも壮観!
長江大橋
長江
あれ、泳いでますね。年に1度横断水泳大会があるそうな。
長江で泳ぐ人

夕方の動車組で上海へ戻りました。
2日間、絶対来ると思って覚悟していた台風は来ず、青空。
その間ずっと台湾で猛威を振るっていました。

10もの王朝が都とした南京は、美しい歴史の町でした。
戦争や文革からの復興は大変な努力だったろうと思います。今も。
記念館も真偽あれこれ言われているのは知ってるけれど、
これが中国での真実。いつか行きたい。

誘っていただいたお友達ご夫婦、そして添乗員パパさんとご一家、
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト
旅行 | 01:47:31 | Trackback(0) | Comments(0)
南京旅行 1日目
8月8,9日で、南京旅行に連れてってもらいました。
今回は3家族!こういうの初めて~楽しみ~。

うち1家族のパパが、ご実家が南京なので
ホテルも新幹線も車の手配もお任せ。
私がしたことと言えば、地球の歩き方見て、
行きたいところを伝えただけ。
できる営業マンパパによる南京ツアーの始まりです。

上海から南京へは動車組(新幹線)で約2時間半。
現地ではパパさんチャーター手配済みの車が迎えに来てくれてました。
ホテルにチェックイン、ランチ後(このランチもめちゃおいしかった)
(南京は鴨が有名らしい)
観光開始。

中山陵、明孝陵、霊谷寺 の3点セットの観光チケット140元を購入。
中山陵、階段までの距離も相当だけど、階段の段数もかなり・・・
階段が・・・
唯一のちびっ子aくん、どんどん先に上ります。
あ・・・あんな遠くに。なんてハイペースなの。。
そして炎天下。台風くるんじゃなかったのぉ?
こんなに晴れなくて良いよぉ。
大人6人、程度の差こそあれ息を切らして到着。ゼェゼェ
振り返ると・・・絶景。うわー気持ち良い!
絶景!

中山陵から への移動は、これに乗りました。(観光チケット持ってたら無料)
ミニバス

3点セットと行っても、広大な土地に点在していて、点在と言っても各エリア広い。
もしタクシー移動だったら、すごく大変だったと思う。
あんまりタクシーいないので取り合いになるし、
観光地のタクシーはメーターついてても交渉だったりするので、
パパさん車チャーターしてくれてありがとう。
そして運転手さんに即座に指示出してくれてありがとう。
もしパパさんいなかったら、車チャーターしてもあんなに即座に
中国語で指示出しできない。。
パパさん、もうまるで添乗員さんです。
霊谷寺象とaくん

途中 の喫茶店で涼みながら休憩し、
観光後は一度ホテルで汗を流してから、夕飯へ。
こちらのお店で、ものすごく大量にいただきました。
獅子橋南京1日目の夕飯
店内すごい熱気料理大量!
ものすごく混んでいて、ものすごい活気で、わいわい楽しくいただきました。
もちろん鴨も長江のお魚もいただきましたよん。

旅行 | 01:28:55 | Trackback(0) | Comments(0)
ハイアット オン・ザ・バンド
1日からの労働節3連休は、ホテルステイin上海で
のんびり贅沢してきました。

外灘の北に一昨年の夏に出来たホテルです。
良いランクの部屋にすると、外灘、陸家嘴の両方が見えるらしいですが、
私たちにはこれくらいの眺めがちょうど良い。
住んでる浦東側の陸家嘴が見えちゃうと日常を感じちゃいますから。

プランは、2泊で最終日18時チェックアウト
朝食とウェルカムフルーツ&シャンパン付き

ドアマンはなんだか適当で、フロントも鍵渡して終わり(部屋まで来ない)だったので、
本当にハイアット?とちょっと不安だったし、
禁煙室予約したのに喫煙室だったから、部屋変えてもらったりでしたが、
つまづいたのは最初だけで、後はハウスキーピングの人たちも笑顔&親切で
とっても快適でした。
部屋部屋2

この景色!気分良いー!
外灘昼間昼→夜外灘夜

ウェルカムフルーツ&シャンパン
ウェルカム
まさかモエエ様に出会えるとは。苺が市場に売ってるのより格段にデカイ。
調子に乗って、こんなことしてみたり・・・
調子にノリました

ホテル1階の新大陸で北京ダックを食べたり。
新大陸

ホテルのバーに行ってみたり。川沿いの席は予約でいっぱいでした。
バージン

朝食も種類が豊富でおいしかった。
ご飯食べ、若旦那プールへ(宿泊者はジム無料らしい)、
おいらは外を散歩した以外は、部屋にこもってDVD観まくり~。
なんて自堕落な休日でしょう。

日本のゴールデンウィークはまだありますね。
楽しんでリフレッシュしてくださーい。

外灘~虹口の散策
浦江飯店←有名な浦江飯店
↓外白渡橋と橋からの眺め
外白渡橋碑外白渡橋外白渡橋から
外白渡橋と上海大厦←外白渡橋と上海大厦
↓万博まで外灘遊歩道(一部)は工事中です
外灘工事中外灘工事中2

ホテルのすぐ北はもう虹口地区
虹口
蔦の絡まる←ツタの絡まる素敵な学校
花と明珠塔
古い住居と明珠塔←静かな住宅街も再開発工事の波に

旅行 | 12:28:19 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 ガイドさん、そしてまとめ
今回のガイドさん(男性)、イマイチならぬ、イマゴくらいでした。
日本語が2割くらい何言ってるかわからないのはさておき、
最低限の説明はするものの、世間話が一切できない人で。

車の中がしーん・・・
なんとなく気まずくて
おいら「私11年前に一度西安に来たことあるんですよー」
ガイドさん「11年前?そーですか!」
・・・
おいら「やっぱり色々変わってますねぇ」
ガイドさん「そうですね。」
・・・

おいら「ガイドさんは、ずっと西安に住んでらっしゃるんですか?」
ガイドさん「はい。」
・・・終わりかよっ!

ドライフルーツを買いたかったので、
おいら「ドライフルーツはどこで買えますかね?」
ガイドさん「え?なんですか?」
おいら「ドライフルーツ、あの果物干したやつで、蜜銭(ミーチェン)って言うんですかね?」
ガイドさん「米線(ミーシェン:汁ビーフン)?」
おいら「いや、えっと果物で」
さえぎってガイドさん「あれは桂林のものですよ!食べれますけどねぇ、西安のものじゃない!」
ってそんな大声で逆ギレ風に言わんでも。。
米線が桂林のものてのは、知ってるし。。
こんな調子で、もうええわと諦めたり、最初から聞かなかったり(以前の城壁の様子とか。)

ガイドさんはドライバーさんとしゃべる。
おいらと若旦那は寝る、あるいは車窓観覧。
というのが、送迎&2日目観光の車中スタイルでした。

最終日、空港まであと10分というところで、車が止まり・・・
ん?パンク?と思ったら、
ドライバーさんドアを開けて、エロエロエーって・・・
自分で運転してて酔うなよ!もっと遠くでやってよ


そんなこんな車中だったけど、それもいつか笑える思い出に。
羊さんとイスラム族を追いかけて、より西へ行きたくなった旅でした
西安旅行記これにて終わり。

旅行 | 20:11:05 | Trackback(0) | Comments(2)
西安 イスラム街編
11年前は城壁の中に入った記憶がなく、
なんとなく羅生門の世界みたいに想像してたその中に
今回入って一目見て、都会やん!
・・・想像が古すぎたってことでしょうが。。
壁の内側←都会の喧騒

西安の都会生活を垣間見ながら、一番楽しかったのはイスラム街。
もし住んだら、毎日イスラム街歩きます!ってくらい魅了されました。
北院門街~西羊路~大麦市街をぐるぐる歩いてました。

中国特有の活気とはまた違う、なんかのほほーんとした活気。
夜が一番活気があるけど、朝にのほほーんを味わえたのが良かったなぁ。
夜の賑わい→朝9時→朝10時半
夜の賑わい朝9時朝10時半

朝を一言で言うならば猫的。
猫とおじいさん
ひげのおじいさん
こんな風景大好きです。

商売っ気がないから、愛想もない。
かと思ったら、話しかけたらニコニコしてる。
上海とは違う素朴さに、あー西安良いねーと心の伸びをして
上海に戻りましたとさ。

旅行 | 19:33:19 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。