■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
耳&めがね
今日は耳鼻科に行きました。
きっかけは1週間ほど前にふと耳掻きをして、あれれという状態になっていました。
でも帰国するしと我慢していたら、やっぱひどくなっていた様子。
「外耳が鼓膜周辺まで腫れてるねぇ。」と先生。やはり。
昨夜はアゴまで鈍痛で、顔もカタマリ気味でしたから。
ついでに上海用にうがい薬(イソジンではない)を処方していただきました。

その後京橋の銀座テアトルシネマへ。
ここ職場だったので、良く通ってたけど一度入ってみたかったんですよね。
今日は「めがね」です。
1時間ほど前に座席指定に行くと、1Fのエレベータホールが人だかり。
しかもこってり着飾ったおばさまばかり。
え、こんな年齢層高い映画か?
しかし皆さん途中の階で降りていきました。「美川憲一ロマンチックシャンソン2007」ご拝聴の皆さんだったのです。

昼に食べた美々卵の冷やしうどん、耳に響くコシでした。

「めがね」平日の昼間なのに単館の狭さとはいえ、ほぼ全席埋まってました。
映画でたそがれる、なんて経験ありますか?
映画を観た後の余韻でたそがれるのではなく、鑑賞中にですよ。
なんて懐の広い。
20070928めがね←劇場前のドデカ広告

「かもめ食堂」とは違った味わいですが、どっちも良いなあ。
メルシー体操というのが出てくるのですが、振付が珍しいキノコ舞踏団の伊藤千枝さんでした。ふむふむ

ビゴのパンを買いたかったけど、うどんで耳に響くのであきらめました。

スポンサーサイト
東京生活 | 23:36:04 | Trackback(0) | Comments(2)
到着
ジャパン到着ですー。ただいまー

平日の成田はすいてました。
日本の電車は静かだなあ(上海の地下鉄は地声でしゃべる人多し。地声がまたデカいし。)
と思いつつ、5週間ぶりの我が家へ。

郵便物で迷惑をおかけしている大家さんにお土産の紹興酒をお持ちして、ご挨拶。
(同じもの、空港で見たら4倍の値段だった!)
それから、意外に埃が積もっていない部屋を掃除。
友達にアドバイスを受けて掃除して行った冷蔵庫はカビ生えてなかったよぉ。ほっ

食料を買出しに、あぁなんてスーパーの商品がキラキラして見えるのっ。
あれもこれもおいしそうに見える。
あれ?背高くなった?と錯覚しました。真相は上海の大型スーパーは棚が高くて、
カートもどでかいので(たまにカートの遠心力にひきずられる)日本のこじんまりしたスーパーでガリバー化していたのでした。

夕飯は一人飯なので簡単に済ませて、やっとほげーっとしているところです。
木曜日なのでモーニング買って、お気に入り麦焼酎ナンバー1の三段仕込み(岩倉酒造)ロックで。
つまみは?日本の空気で十分っすよ。
20070927三段仕込み

はぁ~、畳サイコー!

東京生活 | 22:53:06 | Trackback(0) | Comments(2)
空港のカフェ
上海浦東空港では、おいしいコーヒーは今まで飲めませんでした。
日本へはいつも朝の便だったので、空港で朝食が多かったのですが、
微妙なサンドウィッチにまずいコーヒーが定番だったのです。

今日もそれかあと思っていたのですが、新しいカフェが出来ていました。
搭乗ゲートNo18の近くにVoyager Barというおしゃれ系カフェです。

アイスコーヒー35元でスタバクラスのものが飲めました。
おいしそうなサンドウィッチやパンも置いてあって、イタリアンなプレートもあるようでした。
まずいコーヒーは50元くらいするので、もうアホくさくて飲めません。

上海生活(日々のこと) | 22:33:26 | Trackback(0) | Comments(2)
国慶節
昨日は中秋で、いつもは点かないマンションの屋根がライトアップされました。
それらしいことは何もしなかったけど、満月の写真だけ撮りました。
月餅祭りも終わり、来週は国慶節(中華人民共和国になった建国記念週間)という長期休暇です。

おいらは一足先に明日から10/9(火)まで一時帰国します。
若旦那はもう少し後から。

きっと帰ったら、ホーッとするだろうな。
生野菜にお刺身にお魚もケーキもたくさん食べようっと。
麦焼酎も飲もうっと。

上海生活(日々のこと) | 15:17:40 | Trackback(0) | Comments(0)
初アテンド
週末の3連休を使って、学生時代の友達が遊びに来てくれました。

一人は初めてで、一人は前回あまり良い思い出のない2度目の渡海でした。

土曜日はあいにくの雨
まずは豫園の南翔饅頭店へ。
20070925南翔饅頭店
蟹味噌入り湯包(ストローでスープを吸って、皮は食べない。)
豚肉小龍包、海老小龍包など。
ガラス越しに作っているのが見える席だったので、ラッキーでした。

雨がひどく、霧がすごいので外灘やテレビ塔の観光をマッサージに変更。
東昌路まで2元の渡し舟に乗って、(「*空調渡航」と窓に書いてるのを「エアコンがウリやねんな」と突っ込みながら写真に収める当たりがさすが関西人)
古都梅というマッサージ店に行きました。
ここは日本人のお客さんが多く、若旦那の行きつけです。
働く30代、とってもイタ気持ち良かったみたいで、放心状態。

ディナーは、若旦那と合流して夜上海へ。
外灘の夜景を楽しみながら、上海料理(特に蟹)を堪能しました。


日曜日も雨
今日もテレビ塔からの景色がダメそうだからと、人民広場の上海城市規画展示館へ。
上海市中心部の巨大ジオラマには圧倒されました。
20070925上海城市規画展示場←金茂大厦、上海環球金融中心、東方明珠塔など。
20070925上海城市規画展示場2←一つ上の階から。大きい!

南京路を散策。
第一食品商店で、チビ月餅やお菓子の量売りを買ったり、
デパートで価格調査をしたり(見てるだけ~)
小楊生煎館(第一食品商店奥)の焼小龍包も食べて、
ランチは2Fの一茶一座で食後のフルーツティも楽しんでまったり。

食後は、白玉蘭劇場へ移動して雑技観賞。私も初めて。
常に突っ込みを入れながら楽しく鑑賞してくれてましたが、
最後のモーターバイクサーカスは、さすがに感心したようでした。

新天地に移動して、シノワズリな雑貨たちをお買い上げ。
夜は火鍋。
午後から雨が上がっていたので、食後に外灘へ移動。
外灘のオールドと陸家嘴の巨塔たちをやっと眺めることができました。
20070925外灘夜景
20070925外灘夜景2←土曜日は上の球が霧で見えなかった。

もう1杯てことで、和平飯店の老年ジャズバンドを聞きに行こうとしたら、
和平飯店北楼は改修中なのでした。
近場の喫茶店で、キュウリジュースを頼んで、色、味ともにオチ付けて、翌朝日本へ帰っていきました。
20070925キュウリジュース

初めての上海も、リベンジの上海もなかなか楽しんでくれたようだったので、
初アテンドとしては成功と言えるのではないかしら。
女友達と歩いた上海は、今までより身近になった気がしました。
例えばデパートの洋服売り場も、東京や神戸で買うようにゆっくり見て楽しめば良いのかあ(いつもは言葉が通じないので足早に逃げる)とか、心の余裕をもたらしてくれました。

アテンド | 16:26:16 | Trackback(1) | Comments(4)
DeliFrance
白目になりながらたどり着いたランチどころは、おしゃれなデリ。
地図上のDeliFranceという文字だけで、ここは間違いないだろうと決めて入ったのだ。

20070921デリフランス入り口

メニューは、パン系とパスタ系で、スープとコーヒー付き。
スープは2種類から選べるし、プラス料金でカフェラテにしたり、デザートも付けられる。
20070921デリフランスメニュー

20070921デリフランス食事
疲れた体にスープがしみる~

店内は広くないけど、落ち着いた雰囲気で長居できます。
メニューの多いドトール、狭いエクセルシオールと言った感じかしら。
お客さんの半分以上が西洋の方たちで、テイクアウトのサラリーマンも多し。
20070921デリフランスディスプレイ20070921デリフランス店内120070921デリフランス店内2
中環広場という建物の1Fにあるのだけど、中環広場のブティックはおしゃれ!
久しぶりに洋服欲しいなあと思いました。

上海ランチ | 18:31:23 | Trackback(0) | Comments(0)
豫園~東台路 下町散策
今日おばあちゃんは膝にシップを貼っています。
昨日歩きすぎて、持病の膝が痛いのです。

豫園とは下町の観光地ですが、そこに「豫龍坊」という大型ショッピングモールができたとか言うので、偵察に行こうと思い立ったのです。
そこでランチしてー、豫園の周りウロウロしてーという計画。

でもネットでの検索結果は芳しくなく、もしかしてまだ工事中だったり?と思いながらタクシーに。
「豫園(ユゥユアン)」電子辞書の発音で練習した成果を、と運転手に言ってみるが玉砕
地図を見せて連れてってもらう。

ちょうど昼時に到着して、いそいそと「豫龍坊」に向かうと、やっぱり工事中だった。。
はぁ、ご飯どうしよっかなあ。
豫園には有名なご飯どころがいくつかあるも、あまり入る気にならず。

豫園のみやげ物売り場をさまよって、気になっていた北側の福佑商厦に行ってみた。
中に入ると、小さなブースに分けられた市場のような建物。
売ってるものは、文具、雨具、アクセサリー、アクセサリーの部品、かばん、手芸用品などなど。
お店のおばちゃん、おねえちゃんたちは、買ってきた屋台のチャーハンみたいなのを食べながら店番してます。
何も買ってないのに、良いとこ見つけたなぁという気分になって、豫園を後にします。

そうだ、東台路アンティーク街へ行ってみよう

福佑路を西へ→河南南路を少し南へ下って、大境路を西へ→人民路を少し南へ下って、方浜中路を西へ→西蔵南路を渡って東台路到着。

この道は上海でもディープな場所のようで、昔ながらの商店街が続いた後に、
20070921大境路1
20070921大境路2
20070921大境路3(←鶏が干してある)

それらが取り壊されたであろう場所に出ます。
20070921大境路4
塀に囲まれた中は、瓦礫だらけ。そして向こうには浦東の巨塔たちがそびえます。

アンティーク街は、意外に長い通りで、丼を目当てに来たのだけど、
丼に雨が溜まっていたりして、なんとなーく見るだけで終わってしまう。
20070921東台路
(腹が減りすぎて、写真撮ってない。。)
でも、ゆるーい雰囲気は散歩するには良いなあと思います。

飯をくわせろー!

西蔵南路を北上し、ようやっと現代の町、淮海中路へ到着。
かれこれ2時間歩きっぱなしで、白目になりながらご飯にありつけましたとさ。

ご飯の後も、西蔵中路を北上し人民広場で買い物してから帰ったので、5キロ以上歩いたらしい。
でもたった5キロでシップなら、九寨溝に行けないわっ。鍛えなきゃ。

上海散策 | 18:24:41 | Trackback(0) | Comments(0)
ハミグワ
私がまだ日本にいる時に、若旦那がすごくおいしい果物があるんだよ!
と教えてくれたのがハミグワ。哈蜜瓜と書くウイグル地方の果物です。
なになに?とネットで調べると、
「中国で食べたハミウリの味が忘れられませんっ。」とか
「日本で育てたい。」とか熱烈な言葉が続々と出てきて、
国内のとある農協では種の扱いがあるそうな。

どーん。
20070919ハミグワ丸1
これがハミグワだー!
大きさはだいたいラグビーボールくらいで、メロンを横長にしたような見た目。
20070919ハミグワ半切り1
中はきれいな薄オレンジ色。
朝は1/4カットをいただきます。

あ、あまーい!うまーい!
みずみずしく甘い果汁が朝の体内に染み込んで行きます。

若旦那流見分け方は(ハミちゃんは重量級なので、若旦那担当)、網目が細かいもの、
ヘタが柔らかいものです。
ネットでは、表面の網目模様が細かいものを選び、大きさよりも重さを重視すると良い。とあります。

今まで食べたなかのキング・オブ・ハミちゃんは、これ↓
20070919ハミグワ丸2
20070919ハミグワ半切り2
見よ、実が半透明になるほど熟しているのだ。

街なかには、ハミ売り屋台まであるのだ。
20070919ハミグワ屋台
1/16カットくらいのうすーいハミちゃんを串に刺して売ってます。

屋台が出るほどの人気、中国ならではの果物、そしてこのうまさ、
迷うことなくフルーツ人気第1位をさし上げましょう。

9月も下旬に差し掛かり、ハミちゃんはもうすぐ姿を消してしまいそうです。
あ~ハミちゃん、後何個君を食べることができるだろうか。。

上海のくだもの | 14:49:22 | Trackback(0) | Comments(3)
再会
昨日は浦東空港へ行って来ました。
黄龍、九寨溝を観光した母と姉が成都から浦東経由で関空へ帰るのでした。

娘のいる上海には1泊もしない薄情な母、「お母さん上海興味ないねん。」
10年前に一緒に来たくせに。。

添乗員さん付きのツアーに無理を言って、出国審査前に別行動にしてもらいました。

2Fの喫茶店で旅の小ネタをちょいちょい聞きながら、デジカメの写真を見せてもらいました。
九寨溝、行ってみたいと思ってましたが、行かねばなりません。
ツアーを探そう!

土産に変なものをくれました。
20070919ほおづき
ほおずき?

20070919ほおづき実
中には黄色い実が。
お味はスイカっぽい?

「こっちって何しても怒られなさそうやな。」と中国を鋭く見抜いた姉の発言。
「そうやな。」と3人で堂々とその実をコーヒー片手にパクついたのでした。
レストランでは持込のペットボトルを平然と飲むし、スーパーでは飲みかけのジュースをレジに出す国民性だもの。
うまく中国になじんだ一時でした。


上海生活(日々のこと) | 13:56:35 | Trackback(0) | Comments(0)
福州路 ブックスストリート
南京路の南を平行に走る福州路は、本屋さん街ということで一人散策に出かけてみました。
舒蔡記生煎菜館で腹ごしらえした後は、周囲を散策。
福州路の南側は、古い町並みが残る美容用品の問屋街のようです。
20070918美用品街
(店舗兼住居って感じ。洗濯物だらけ)
福州路に戻って。
本屋街と言っても神田神保町当たりの古書店街のようではなく、でっかい本屋さんの間に文房具屋がひしめき合ってるという感じ。
20070918上海書城
ここは上海で一番大きい本屋さんだそうで、新宿紀伊国屋みたいに1棟全部本屋さん。
上海でまともに本屋を覗くのは初めてでしたが、なかなかに面白く。
観光本、ファッション誌、レシピ本、美容、按摩、児童本・・・
レシピ本の種類は非常に多く、家常菜100という家庭料理のシリーズものが15個くらいあって、選べなーい!
上海でもおいしいパンが増えてますが、日本のパン屋さんが書いた本が訳で出ていたり、こっちの人の興味のあるものが少しわかる気がして楽しかったです。

外文図書という店は、日本語の本や雑誌もありました。少ないけど。
日本語や英語で書かれた中国語の学習本もあるし、中国語で書かれた日本語や英語の学習本もあって、趣向が面白いなという感じでした。

小さい文房具屋を覗くのも楽しかったけど、ここは文房具百貨店。
20070918文房具百貨
(向かいのビルが写ってますが、このビルはガラス張りのきれいなビルです。)
ペンやノート、カードなどから電子辞書などなどあります。
2Fは本屋さんで、3Fはガラスのブースに分けられた小売店が入ってました。
その3Fからビルの裏側を撮ってみました。
20070918古い家
ビルとビルに挟まれた小さな古い家たちは、今の再開発、建設ラッシュの波でどんどん減っているのでしょうね。

福州路での戦利品は、
20070918星
これを巻くように折ると小さな星ができるそうな。

20070918中秋カード
中秋をこちらはお祝いするものらしく、カードがたくさんありました。

20070918ぽち袋
中秋カード(花より団子な感じがgood)、ご祝儀袋、ぽち袋

切り絵(禮という字のバリエーション。おっさんが入ってるのがお気に入りです。)
20070918切り絵


上海散策 | 19:29:03 | Trackback(0) | Comments(0)
かきこみ飯
福州路から云南中路を南に下ったところにあるお店。
舒蔡記生煎菜館
20070918舒蔡記生煎菜館
看板の下の白い出っ張り、銭湯の番台のようなレジで先に払って、レシートを持って並ぶ仕組み。「菜飯(ツァイファン)」と言うと通じたようだ。
Tシャツのおっちゃんたちに混じって並んでいると、きれいな格好のオフィスガールも来ました。
あ、おいしいんだ。となんとなく安心する。

20070918舒蔡記生煎菜館鉄板
この鉄板、モリモリのチャーハンの下は1センチくらい油が溜まっているのだ、ヒーッ
おばちゃんは油は避けて皿に盛ってくれたのでホッ

これが菜飯、4元。
20070918舒蔡記生煎菜館菜飯
具はチンゲン菜とシイタケとハムと豚の脂身。
シイタケがうまーい。しかし・・・
オフィスガールはテイクアウトできれいな社内で食べたのだろうけど、
私は店内でいただきました。
店内を形容すると小楊生煎館と同じ類なのだけど、もっと閉鎖的でダークな感じ。

1センチの油を見たせいもあってか、ちょっと油っこいなあ、早く出たいなあ、シイタケうまいなあと言う3つの葛藤の結果、
豚の脂身を避けつつ、シイタケを探しつつ、早くかきこむという動作をすばやく繰り返し、7分の滞在で店を後にしました。

一度行ってみたかったのよ。一度で満足だわ。あばよっ

上海ランチ | 12:59:56 | Trackback(0) | Comments(0)
マンゴー
6月に食べていたのは、黄色いペリカンマンゴーでした。
これも甘くて美味でしたが、8月は大きなマンゴーになってました。

20070912マンゴー丸
これは、キーツというものかグリーンマンゴーかわかりませんが。
パックリ切ると、完熟!
20070912マンゴー半切り

マンゴーは3枚下ろしにして、種周りはかじる。
実の部分は皮が柔らかすぎてむけないので、そのままスプーンでいただきました。
むけるものはむきます。

かめはこ流見分け方は、皮が黄色味がかっているもの、なんとなく柔らかいものです。
専門ページには、しっとりとツヤがあり色鮮やかでふっくらとしているものが良い。シワや黒い斑点があるもの、ブヨブヨしたものは古い。
あれれ、黒い斑点あるなあ。
しかし買ってから追熟させるものらしく、柔らかいのは完熟ものなんですって。

安定した当たりの多さ、マンゴーならではの甘み、日本では考えられない価格の安さで、フルーツ人気第2位にランクインです。


上海のくだもの | 12:30:07 | Trackback(0) | Comments(4)
厄払い
渡海して3週間経過しましたが、あの6千円も払ったお薬は1錠も飲まず、
元気に生活しております。

前厄ということもあって、来る直前に行った厄払いのお陰かな?
ほんとは、1,2月に行くものらしいですが。。
20070912厄払い

慣れ時が一番危ないから、これからも気をつけて生活いたします。

渡航準備 | 11:44:59 | Trackback(0) | Comments(0)
尼蔵花園餐庁 ネパールカレー
フリーペーパーに載っていたので、行ってみようということになったカレー屋さんです。地図ではとてもわかりにくい場所だったのですが、行ってみるとなんと若旦那が怪しすぎて入りづらいと常々思っていたお店だったのです。

なぜ怪しすぎるか、それはお店があまりにローカルなマンション内にあるからです。
マンションの入り口は、特に表記もなく錆びた鉄門にツタが絡まっているというもので、そして門の中は外灯などは少なく、部屋着のおっちゃんおばちゃんが道端でだべっているのです。
そして突如、派手なネオンが↓。こりゃ確かに入りづらい。
20070911尼蔵ネオン

店内は、薄暗いのとエアコンの効きが悪い以外は、こざっぱりしててテーブル毎に雰囲気を変えてあるのも楽しいです。

注文したものはこちら。(メニューは日本語表記ありです)
20070911尼蔵サモサ
(野菜のサモサ)
20070911尼蔵カレー
(野菜のドライカレー、チキンカレー、バターナン)

ナンは平べったいものでした。
野菜のドライカレーは、カリフラワーっておいしかったのねと思わせるお味で、
カレーというよりは炒め物っぽい。
チキンカレーは、甘めでコクがあり私の好きな味でした。

そして、カレー屋さんなのにビアタンクが置いてあるのです。
自家製のドイツビールだそうです。こちらのお味も大変Goodで、カレー以外にBarとしても十分楽しめるお店でした。
(確かにRestraurant&Barと書いてありました。)

場所は、東昌路駅 4番出口から東昌路を浦城路に向かって歩き、郵便局を過ぎた左手に鉄門があります。
(お店のHPもあります。)

上海ディナー | 13:56:02 | Trackback(0) | Comments(8)
水の安心 プライスレス
土曜日にキッチンの浄水器がきました。

製品を簡潔かつ明瞭に説明し、15分ほどで完了でした。
取付けの際に蛇口の先端を外すのですが、その内側には、
「なんでこんなとこにカボチャの煮たのがついてんの?」
というようなものが付いておりました。
「・・・いやーショッキングですねー。(一同爆笑)」
錆やら錆やら汚れやらが付いていたんですね。

ついでに洗面台の蛇口も掃除してもらうと、こっちは小石のようなものがついてました。

業者の方が帰られた後、やっぱりやってみたいのが、原水と浄水の比較。

20070909浄水器
一目瞭然、右が浄水です。

上海での色々なプチストレスが一瞬にして水に流される(うまい!)ような気持ちになりました。

心も癒す 浄水器 ビバ萬斎さま!(これ以上宣伝するのは癪)


上海生活(準備編) | 22:41:55 | Trackback(0) | Comments(3)
写真だけで飯3杯
先週のことですが、12月に行った呉江路に行きました。
20070907呉江路
ここは屋台村とも言われている、台湾の夜市を彷彿とする場所です。
日本のたこ焼きに似たものとか、串焼きとか色々あります。

20070907看板
あ~この看板。看板だけで食欲がわいてきます。

ガイドブックやテレビでも良く紹介される小楊生煎館の焼小龍包が目的です。
店先にレジがあり、先に払って紙を持って、鉄板に向かって並ぶ方式です。
焼小龍包以外にもスープなんかもあるのですが、レジの小姐(しゃおじぇ)の後ろにメニュー看板があるので、言葉のできない私は指差し注文ができません。
12月に来た時は3元(3元のメニューは焼小龍包4個のみ)を握り締めて、レジ台に置き、
小姐に向かってうなづくと、小姐もうなづいて会計してくれました。

4個で3.5元に値上がりしてました。

20070907小楊生煎館店先
鉄板にぎっしりの焼小龍包!幸せの光景。
右奥では次のを焼いていて、左奥では5人がかりで包む作業。

じゃじゃーん。
20070907焼小龍包
昼時だったので、3階まで上がってようやく座ることができました。
小さな穴を開けて、じゅーっと汁(熱っ!)を吸い、その後黒酢を付けて頂きます。
まいうー!

上海に観光に来た若旦那のいとこにココを教えてあげたら、生煎巡りをして、
結局ココが一番だった。と報告をくれました。

机は祭りの集会所のような長机に、脚の錆びた丸イス。
地元民がいっぱいで、店員の誰も親切ではない。
吉祥寺の「いせや」のようだ。

店内では、夫婦で来たおばちゃんがパンツが見えないだけに、スカートをまくって
大またで食べているし、その夫婦が食べ終わって談笑していると、
「あんたもう食べたでしょ。」とばかりに別の家族が机に荷物を置きにかかる。

私はこの通りもこの店の雰囲気もいかにもアジアで好きですが、
今まで私のテイクアウト分しか食べたことのない若旦那は、
「これからもテイクアウトで結構です。」
と味は好きながらも、雰囲気は苦手だったようです。

上海ランチ | 18:30:54 | Trackback(0) | Comments(0)
パパイヤ
上海は、果物の種類が豊富でしかもお安いです。
朝の果物は金の価値ってことで、朝ごはんは果物中心です。

スイカは日本より若干小ぶりで、トラックでごろごろ売りに来たりします。
この夏若旦那は、それを一刀両断2つに切って、2日で食べていたそうです。
一日で飽きませんか、それ

6月に来た時は、マンゴーやこんな↓桃を買って食べました。
20070907平桃
マンゴーは、日本では宮崎の完熟アップルマンゴー1個1万円なんて、
今年テレビを騒がせましたが、いやいやこの数百円で食べれるもので十分甘いです。

さて、果物の目利きはなかなか難しいですよね。
特に中国は適当がウリの国なので、当たり外れは日本より激しいです。
桃は何日外に置いておいても、リンゴか大根かと思うほどゴリゴリだったりします。

20070907パパイヤ丸
パパイヤのポイントは、色が黄色味がかっていることと、ヘタがポロっと取れそうなこと。これをかめはこ流見分け方として、選別しています。
(専門のページを見ると、果皮の色が完全に黄色くなり、芳香が強くなってきたら食べ頃です。とあります。ヘタはポイントじゃないらしい。。)
この選別方法で今のところ外れ無しです。

20070907パパイヤ半切り
20070907パパイヤ種取り
種は黒くて気持ち悪いです。
この種と種の周りの薄皮をきれいに取り除くと、苦味がなくておいしいです。
切って冷やしてから、種を取り除くと、すでに果肉に苦味が広がって、残念なことになりました。

マンゴーほどの甘みはないけど、濃厚で柔らかい果肉は、現在フルーツ人気第3位をキープです。

上海のくだもの | 14:43:06 | Trackback(0) | Comments(0)
欧米か。
陸家嘴にあるCity Shopに行ってきました。
久光は日本人らしき人が多かったですが、City Shopは欧米系の方が多かったです。

だだっ広い大型スーパーではないので、買い物してても疲れないし、
小ぎれいだし、欧米調の見たことないものがたくさんあって楽しいところです。

戦利品は、どうせなら日本で買えなさそうなものを。
20070906ドレッシングなど
(左からドレッシング、お菓子、ジャム)
そしてビール!
20070906パウラナー缶
しかもパウラナーじゃないか!右のもドイツのビールです。
パウラナーブラウハウスは目と鼻の先なんだけど、家に連れて買えることにしました

その後、正大広場の地下にある易初蓮花(ロータス)へ。
こちらはだだっ広い大型スーパーです。
無糖豆乳↓
20070906無糖豆乳

こちらの豆乳は加糖が基本で、若旦那のためにどこのスーパーに行っても無糖を探していました。(私は苦手です。)
久光には日本の無調整豆乳がありましたが、これは中国メーカー。
思わず買いましたが、お味はうすーかったそうです。

骨せんべい↓
20070906骨せんべい

量り売りですが、これくらいで60円。
日本の酒のつまみは高い!

上海ショッピング | 13:04:01 | Trackback(0) | Comments(2)
陸家嘴 ビルヂングス
マンションの窓から見える景色
20070906マンションから

上海の霞んだ空に見える、中央より右よりの上の方空洞?
の大きなビル、実はこれ来春完成予定の上海環球金融中心というビルなのだ。

どどーん。
20070906上海環球金融中心

右側がそれ。上の方空洞?なのはそのまま、かばんの持ち手のような形に出来上がるそうな。
左側は、グランドハイアットがある金茂大履(じんまおだーしゃー)。
じんまおは、現在中国大陸1の高さ(420.5m)らしいですが、これを抜いて492mにできあがるそうな。
出来上がるころには、日本に引き上げてるだろうけど。

これはおなじみ、東方明珠塔。
20070906テレビ塔

そしてこれは、キンキラビル。
20070906キンキラビル

陸家嘴は、大きなビルが乱立してて、まだまだ建てるつもりらしい。
アジアのウォール街となるそうです。

正大広場というデパートがあったり、川沿いはおしゃれなご飯どころ(前に書いたパラウナーブラウハウスなど)があるので、比較的おしゃれな人が多い気がします。

上海散策 | 12:12:31 | Trackback(0) | Comments(0)
台所掃除のオオトリ
気にはなっていたけど、大変そうだなあと後回しにしていた換気扇。
どうしても目が行って気になってしょうがないから、とうとうドライバーで外しちゃいました。

過去の住人(前のというと、一人のせいにしちゃう気がするので)が、
料理好きだけど掃除はいまいちだったようだ。というのを判然と表す物体。
20070904換気扇前

くまのプーさんだったら、「わぁ、はちみつがたくさん溜まってておいしそー!
と言うくらいの、これは油です。

あたい、頑張ったよ。
20070904換気扇後

ピカピカとまでは言えないですが、手持ちの洗剤ではこれが限度でした。
装着するとこんな感じ↓
20070904換気扇装着

プラスチック部分は油溜めとライトの機能ですが、水が入ったのかライトはダメになっちゃいました。
こんなに汚せないけど、頑張って料理しようと決意を新たにしたのでした。

上海生活(準備編) | 12:35:04 | Trackback(0) | Comments(5)
初 調理(食べれた)
錆び電池事件の翌日、ようやっと料理ができました。
日本で作るのと同じものですが、うれしいのでパチリと。
白米は前日のものをレンジでチンです。
20070904さっぱり煮
(箸が逆なのは、若旦那が左利きのためです。)

米研ぎを買った水でするのが大変なので、翌日は関西の心、お好み焼き。
かーなりおいしかったです。
20070904お好み焼き

1日目は、鶏腿を煮てから切るので良かったのですが、
2日目のお好み焼きは、豚バラスライスですよね。
カルフールには、スライス肉が売ってない。
塊、ぶつ切り、ミンチ この3種でした。

塊をブッチャーのお兄ちゃんに渡している女性がいましたが、
包丁を振りかざし、ぶつ切りにしてるだけでした。
言葉の壁にぶつかることもせず、塊を買って、家でブッチャーしました。
久光にあるのかなあ。

上海生活(日々のこと) | 12:07:38 | Trackback(0) | Comments(1)
初 調理
週があけて、2日がかりで台所を掃除し、やっと料理ができる状態になりました。
前の住人は、料理は好きだが掃除はいまいちだったようで、至るところに油と埃のこびりつきが激しかったです。

さあ気合を入れて、ご飯を作ろう。とその日は昼から調味料や食材の買出しに。
慣れるまでは日系スーパーでということで、静安寺の久光百貨(そごう系列)の地下の食品売り場へ行きました。
客は、日本人らしき人や西洋人が中国人よりはるかに多い感じがしました。

日本の商品の価格は、日本で売っている2~3倍くらい。
ミツカン酢は、ラベルが中国語のものと日本語のもので値段が違ってました。
でも製造元や原料生産地などに違いはなさそうな。。

久光で手に入らなかったものは、カルフールに行って買いました。
久光は地下鉄で、カルフールはタクシーで。
タクシーは、12月に来た際に一人でも乗れるようになりました。

さあ、いよいよ調理開始。
まずは米研ぎから。まだ浄水器をつけていないので、買った水で洗います。
炊飯器は日本に帰った同僚からもらっていたので、それにセットして炊飯スタート。

次は、味噌汁のだしを取りましょう。
ガス台もきれいにしたし、ふふーん。カチッ、カチッ・・・あれ?
カチッ、シュー
ガスは出てます。しかし火が付かない!
えーっ、もしや?とガス台の下をさぐると、錆びた電池が出てきました。

ガーン・・・

時間からして、電池を買いにいくのに30分はかかる。間に合わない。。
「すいません。今日も外食でお願いします。」とメールして、
とぼとぼと外出の準備をしました。
家を出る時、ピーッピーッとむなしく、炊飯器の炊き上がり音が鳴っていました

上海生活(日々のこと) | 12:43:30 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。