■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
初 調理
週があけて、2日がかりで台所を掃除し、やっと料理ができる状態になりました。
前の住人は、料理は好きだが掃除はいまいちだったようで、至るところに油と埃のこびりつきが激しかったです。

さあ気合を入れて、ご飯を作ろう。とその日は昼から調味料や食材の買出しに。
慣れるまでは日系スーパーでということで、静安寺の久光百貨(そごう系列)の地下の食品売り場へ行きました。
客は、日本人らしき人や西洋人が中国人よりはるかに多い感じがしました。

日本の商品の価格は、日本で売っている2~3倍くらい。
ミツカン酢は、ラベルが中国語のものと日本語のもので値段が違ってました。
でも製造元や原料生産地などに違いはなさそうな。。

久光で手に入らなかったものは、カルフールに行って買いました。
久光は地下鉄で、カルフールはタクシーで。
タクシーは、12月に来た際に一人でも乗れるようになりました。

さあ、いよいよ調理開始。
まずは米研ぎから。まだ浄水器をつけていないので、買った水で洗います。
炊飯器は日本に帰った同僚からもらっていたので、それにセットして炊飯スタート。

次は、味噌汁のだしを取りましょう。
ガス台もきれいにしたし、ふふーん。カチッ、カチッ・・・あれ?
カチッ、シュー
ガスは出てます。しかし火が付かない!
えーっ、もしや?とガス台の下をさぐると、錆びた電池が出てきました。

ガーン・・・

時間からして、電池を買いにいくのに30分はかかる。間に合わない。。
「すいません。今日も外食でお願いします。」とメールして、
とぼとぼと外出の準備をしました。
家を出る時、ピーッピーッとむなしく、炊飯器の炊き上がり音が鳴っていました

スポンサーサイト
上海生活(日々のこと) | 12:43:30 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。