■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
福州路 ブックスストリート
南京路の南を平行に走る福州路は、本屋さん街ということで一人散策に出かけてみました。
舒蔡記生煎菜館で腹ごしらえした後は、周囲を散策。
福州路の南側は、古い町並みが残る美容用品の問屋街のようです。
20070918美用品街
(店舗兼住居って感じ。洗濯物だらけ)
福州路に戻って。
本屋街と言っても神田神保町当たりの古書店街のようではなく、でっかい本屋さんの間に文房具屋がひしめき合ってるという感じ。
20070918上海書城
ここは上海で一番大きい本屋さんだそうで、新宿紀伊国屋みたいに1棟全部本屋さん。
上海でまともに本屋を覗くのは初めてでしたが、なかなかに面白く。
観光本、ファッション誌、レシピ本、美容、按摩、児童本・・・
レシピ本の種類は非常に多く、家常菜100という家庭料理のシリーズものが15個くらいあって、選べなーい!
上海でもおいしいパンが増えてますが、日本のパン屋さんが書いた本が訳で出ていたり、こっちの人の興味のあるものが少しわかる気がして楽しかったです。

外文図書という店は、日本語の本や雑誌もありました。少ないけど。
日本語や英語で書かれた中国語の学習本もあるし、中国語で書かれた日本語や英語の学習本もあって、趣向が面白いなという感じでした。

小さい文房具屋を覗くのも楽しかったけど、ここは文房具百貨店。
20070918文房具百貨
(向かいのビルが写ってますが、このビルはガラス張りのきれいなビルです。)
ペンやノート、カードなどから電子辞書などなどあります。
2Fは本屋さんで、3Fはガラスのブースに分けられた小売店が入ってました。
その3Fからビルの裏側を撮ってみました。
20070918古い家
ビルとビルに挟まれた小さな古い家たちは、今の再開発、建設ラッシュの波でどんどん減っているのでしょうね。

福州路での戦利品は、
20070918星
これを巻くように折ると小さな星ができるそうな。

20070918中秋カード
中秋をこちらはお祝いするものらしく、カードがたくさんありました。

20070918ぽち袋
中秋カード(花より団子な感じがgood)、ご祝儀袋、ぽち袋

切り絵(禮という字のバリエーション。おっさんが入ってるのがお気に入りです。)
20070918切り絵


スポンサーサイト
上海散策 | 19:29:03 | Trackback(0) | Comments(0)
かきこみ飯
福州路から云南中路を南に下ったところにあるお店。
舒蔡記生煎菜館
20070918舒蔡記生煎菜館
看板の下の白い出っ張り、銭湯の番台のようなレジで先に払って、レシートを持って並ぶ仕組み。「菜飯(ツァイファン)」と言うと通じたようだ。
Tシャツのおっちゃんたちに混じって並んでいると、きれいな格好のオフィスガールも来ました。
あ、おいしいんだ。となんとなく安心する。

20070918舒蔡記生煎菜館鉄板
この鉄板、モリモリのチャーハンの下は1センチくらい油が溜まっているのだ、ヒーッ
おばちゃんは油は避けて皿に盛ってくれたのでホッ

これが菜飯、4元。
20070918舒蔡記生煎菜館菜飯
具はチンゲン菜とシイタケとハムと豚の脂身。
シイタケがうまーい。しかし・・・
オフィスガールはテイクアウトできれいな社内で食べたのだろうけど、
私は店内でいただきました。
店内を形容すると小楊生煎館と同じ類なのだけど、もっと閉鎖的でダークな感じ。

1センチの油を見たせいもあってか、ちょっと油っこいなあ、早く出たいなあ、シイタケうまいなあと言う3つの葛藤の結果、
豚の脂身を避けつつ、シイタケを探しつつ、早くかきこむという動作をすばやく繰り返し、7分の滞在で店を後にしました。

一度行ってみたかったのよ。一度で満足だわ。あばよっ

上海ランチ | 12:59:56 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。