■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
棗子樹
平日のおひとりさまランチに棗子樹(ザオズシュー)に行ってみました。

ここはオーガニック精進料理の店と言うことで前々から行ってみたいお店でした。
20071109棗子樹1
着いたのが12時半ごろ。
平日のランチ時ということもあって、めちゃ混み。
ビジネスマンやOLさんがたくさん。そして欧米人も多し。

20071109棗子樹2←広くて清潔な店内は満席

20分ほど待って、席に通されて注文したのは、商務套餐(ビジネスランチ)。
日替わり定食のようなもの。
20071109棗子樹3
左下からスープ、厚揚げのピリ辛煮込み、青菜の煮びたし、高菜の佃煮、果物、柚子風味こんにゃく

スープは黒木耳、トマト、麩のようなもの、青菜など具沢山で薄味さっぱり。
スープ、煮込み、煮びたしは油を使ってあるけど、全体的に軽い仕上がりになっていて、ちょっと量は多いけど、たくさん食べれます。
しかもこれで18元!やすっ!

精進料理と言えば、大豆なんかを加工して味も形もお肉そっくりに調理したりしますよね。
今回のランチにはそういうびっくりものがなくて、残念だったけど、
相席の向かいのおばちゃんは、ソーセージみたいなものを食べている。
あれはきっとそういう類のものなんだろうな。

今度は単品料理を注文して、精進料理の世界を覗いてみたいです

場所は嵩山路77(上海皇宮というフードエリア内)

スポンサーサイト
上海ランチ | 23:49:36 | Trackback(0) | Comments(0)
カレー火鍋
今年はカレー鍋が流行るとYahooニュースで見たのは最近ですが、
上海にはカレー火鍋というものがあります。
浦東食品城にある鍋比盆火に行きました。

一般的に火鍋というと、丸い鍋が2つに分かれていて、赤い辛い液体と白い辛くない液体(これを鍋底という)のものに、具を色々入れて食べるものです。
今回はカレー味だけを堪能したかったので、1種類だけにしました。
20071109カレー火鍋6←これがメニュー20071109カレー火鍋7←一部アップ

具の種類ごとに欄が分かれていて、まず鍋底を選びます。
メニューはアップの方で、左上から「一人用の鍋底」「大きな鍋の鍋底」「具の盛合せ」「肉類」「魚・肉のすり身だんご」「魚・肉のすり身」
ほかに野菜類、きのこ類、豆腐類、麺類と続きます。

これらを悩みながら選んでオーダー。
材料が運ばれてくる間に、好みのタレを作ります。

20071109カレー火鍋5←こんな風にまとめて置かれている
手前がねぎやにんにく、真ん中が醤油やラー油、奥がごまペーストやXO醤
これらを組み合わせて好みの味を作ろう。
何種類も作って試行錯誤を重ねよう。

今回は2種作りました。
20071109カレー火鍋2
左:沙茶醤、オニオンフライ、ねぎ 右:ごまペースト、白ごま、パクチー

20071109カレー火鍋1←鍋底
鍋底には、もともと人参やとうろもこしなど具が多少入っています。
20071109カレー火鍋3
具は、牛肉、羊肉、香(しいたけ)、白菜、えび、パクチー、冬粉(春雨)
2人なので少なめです。

20071109カレー火鍋4
あつあつをお椀に取って、タレをちょっとつけていただきます。
うまいっ!

ここの鍋底は、濃さ、辛さ、甘さが程よくて、飽きずに最後まで食べられます。
前回行った別のお店は、鍋底がイマイチで盛り上がりませんでした。
20071109カレー火鍋8←前回の。見た目はうまそうだが、中途半端な味だった。

火鍋屋は、鍋底が命!
今回新作の沙茶醤タレ、美味でした。

日本のカレー鍋はいかに?

上海ディナー | 20:34:42 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。