■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
電球
もうすぐ帰国だと言うのに、電球が切れた。
玄関が11月に切れ、今度は台所が切れた。
玄関は生活に支障が無いけど、台所は致命的。
はてさて。

玄関のが切れた時、電球を探しに行きました。
こういう時日本なら、電気屋に行けばほぼあると思います。
でも中国の電気屋さんは、電気機器を売っていて交換器具や備品ぽいのは
売ってないのです。
スーパーや麦徳龍(メトロ)には同じ型がなく困っていると、
こういう時、ホームセンターに行くのが得策と教えてもらいました。
上海には百安居(B&Q)と好美家(HOMEMART)が大きなホームセンターです。
麦徳龍隣の百安居に行ってみると、日本のホームセンターとはまた違う品揃えで
楽しいのですが、電球は同じ型がありませんでした。
丸型32センチの電球なのに、型がありすぎ。規格多すぎ。

別の店舗とか好美家に行く事も考えましたが、生活に支障が無いので、
そのままおざなりになってしまいました。

そして2ヶ月が過ぎ・・・

全く同じ電球の台所が切れたので、電球を探す手間は省けましたが。

困った時は、マンションの管理人室へ。
若旦那と2人電球を持って直談判です。
「電球が切れたの?何号室?買って持って行きますよ。」
と最初は良かったのだけど、百安居に売ってないという事情を知ると、
困ったなあという顔をしばらくして、
「没刅法(メイバンファ:どうしようもない)」
と言う。
出たよ。思いのほか口に出すの早いよ。

前なら、すごすごと引き下がったかもしれないけど、この4ヶ月で多少肝も据わってきた。
ここで引き下がったら、ほんとの没刅法だ。
「別的店(ビエダディエン:別の店)」←別の店を教えてと言いたい。
と言うと、少々考えてから、灯具城と道を紙に書いてくれた。
ほらー、没刅法じゃないじゃん。

「電球 上海」とか「電灯 上海」とか思いつく限り検索してみたけど、
出てこなかったのに「灯具城」は一発OK。正しくは「灯飾城」と言うらしい。
上海で電球(蛍光灯)や照明器具を買うなら、灯具城(灯飾城)へ行こう!

浦西にももちろんあるみたいだけど、私は浦東の店へ。(若旦那は仕事へ)
タクシーの運ちゃんは、紙を見せたらすぐに分かったようだ。

20080115電球2
3階建ての建物で、1フロアは大きくない。
中にはメーカーがテナントとして入っている。
さまざまなランプが飾ってあって、家や店の内装を考えている人たちが来るような場所のようだ。
いわば照明市場ですな。
照明目的で来たら、すごく楽しめそう。
20080115電球1こんなきらびやかなのも

飾り気の無い、ビルの入り口外にある店で、実際の電球を見せて購入。
20080115電球5
同じメーカーじゃないけど大丈夫でしょう。
店では、電球が点くかどうかテストしてくれます。安心ですね。

家に帰って、一件落着。
と思いきや、取り付けても点かない。なぜだー?
まだ元気な洗面所の照明に試しに繋ぐと点いた。
ということは、電球じゃなくて、照明が壊れている・・・

その日の晩御飯はいかに?!続く。


上海東方路灯飾城
 東方路1287号(東方路 × 峨山路) 塘橋公園対面
 地下鉄6号線 浦電路駅 3号出口から東方路を南へすぐ。
 地下鉄 世紀公園駅からは徒歩20分ほど

スポンサーサイト
上海生活(日々のこと) | 21:27:24 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。