■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北海道の思い出 小樽編
札幌を離れて向かった先は、私のメインイベント小樽。

何がメインってスイーツです。
昼食を食べて、まず向かった先は北華楼。

20081028北華楼
2人してしばし眺める・・・北華楼に来ちゃったという感慨。
中に入ってあれやこれやとよだれを垂らしながら見て回る。
札幌の大丸で朝一に確保した、開拓おかき シマエビはやはり売り切れ。
買っておいて良かった。

お目当てのソフトクリーム売り場に行き着きました。
シュークリームもあって、どっちもおいしそう!と思っていたら、
ミニソフトとシュークリーム、コーヒーで500円のセットが!ナイスです!
20081028絶品セット
そして憧れのソフトクリーム!
ミニというのは名ばかりで、たっぷり。
うまいよー。あんなの初めてだよ。濃すぎず甘すぎず、溶けるのが惜しいの。
最後の一口はコーヒーでしめるのが普通だけど、ソフトクリームでしめました。
全然のどかわきませーん。あー幸せ

町を観光したけど、もう頭の中はソフトクリーム一色。
20081028運河
夢うつつに観光した後、再び北華楼へ。
北華楼と隣の六花亭でお菓子をたーくさん買って、
すぐ近くにあるルタオでお茶を。

20081028ルタオ
もちろんケーキも。
十分おいしいのだけどしかし、しかし北華楼でもう一度ソフトクリーム食べるほうが
価値があったかなぁ・・・

200810282度おいしい
北海道は2度おいしい。
行っておいしい、買って帰っておいしい。
今2度目のおいしいを日々楽しんでおります。

スポンサーサイト
東京生活 | 14:09:38 | Trackback(0) | Comments(5)
北海道の思い出 札幌編
2週間の一時帰国のうち、後半は北海道を旅してきました。

まずは札幌。
まじめな観光。
20081023テレビ父さん
テレビ塔

20081023時計大臣
時計台

20081023赤レンガ
旧本庁舎

20081023路面電車
路面電車 かわいい

大通り公園でとうもろこしを食べるのが目的で、ついでに見かけたテレビ塔。
2人して「ちっちゃっ・・・」
上海の巨大テレビ塔やらビルやらを見慣れ、東京タワーもちら見してから
来てしまったんだからしょうがない感想。
むしろちっちゃくてかわいらしい。

時計台(これまたちっちゃい)は中に入って歴史のお勉強。
元は北大の前身である札幌農学校の演武場だったんですねぇ。知らなかった。
名前を知ってる人物が卒業生だと知ってへぇ~。
クラーク博士をはじめ、外国人講師が多くて、学食メニューもハイカラだった様子など
楽しいお勉強でした。

旧本庁舎見学時には、中国人団体様と遭遇。
観光地のみならず、飲食店にも中国語の注意書きなんかが英語表記より多いくらいで
その後至るところで出会う。
この時は、会話の声が小さかったからおそらく台湾人。

雪印パーラーでロイヤルスペシャルバニラアイスクリームを堪能。
20081023ロイヤルスペシャルフラッシュ
ネーミングが昭和って感じですな。
姉に写メして、どの辺がロイヤルで何がスペシャルなんだ?とツッコミが。
それは・・・食べた人でもわからない。おいしいよ。
宮内庁の発注で作ったからロイヤル、乳脂肪16%(!)だからスペシャル
というのは後付情報&推測。

夜は、フレンチのお店へ。
蟹、すし、ジンギスカンという大御所をさしおいて、フレンチに決定したのは
東京では友達との会食で居酒屋が多い
こじゃれた札幌で新鮮な素材のフレンチなら外れはないのでは?
という理由から。結果は大当たり。

おいしくて楽しくて幸せでしたぁ。
上海で惨敗した、鴨のコンフィもおいしく!
お料理やワインをおいしくサーヴしてくれる素敵な女性から聞いたお話。
ここ数年で、韓国、台湾、中国の観光客が急増しているらしく、
薬局なんかではものすごいお買い上げだとか。
そして服装と雰囲気で、何人か見分けられるようにまでなったとか!
どんだけ多いねん!&すばらしい観察眼だ。

札幌は住んでる人が町が好き。だから大事にしなきゃって雰囲気がただよっていて、
そういう感情はうらやましいなぁと後ろ髪ひかれながら札幌を離れたのでした。

東京生活 | 10:55:00 | Trackback(0) | Comments(0)
黒糖
2週間の一時帰国から上海に戻って1週間以上経ちますが、
ぼーっと毎日日本のことを反芻しております。

さて今回も色んなものを買い込んで来ましたが、黒糖菓子を2品ほど。
20081022黒糖
熊本県物産センターで購入

これは、若旦那の家庭教師の先生のお茶菓子であります。
週に一度中国語を教えに来てもらってやや半年。

最初は日本製の洋菓子(ミスターイトウのクッキーとかだけど)やら
やや洋風なものを出すようにしていたのだけど、手ごたえを感じられない。
ミドルエイジの先生(女性)には、もしや懐かし系のが良いのか?
と思い切って、沖縄のちょっちゅねを出してみた。

そしたら、大当たりで。「これはおいしいですね!」
長年色んな日本人家庭で教えてる先生だけど、黒糖菓子は初めてだった様子。

ちなみに中国の砂糖は白糖と紅糖という2種類と聞いたことがありますが、
紅糖が黒糖のことなのかなぁ?

以来、懐かし系、駄菓子系を出すようにしてます。
さっそく黒棒(写真左側)を出してみたところ、「これはおいしいですね!」
好きか嫌いかの反応がはっきりしていて、特においしい、楽しいの反応は
子供並みでわかりやすいのが中国人のかわいいところ。
黒糖ドーナツの反応も楽しみです。

上海生活(日々のこと) | 14:20:29 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。