■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
りんごちゃん いちごちゃん
この冬は、”ハムの人”ならぬ”ジャムの人”と
言われかねないくらい、リンゴジャムを作って人にあげていた。

お歳暮で箱リンゴもらう実家で、下の姉が作ったリンゴジャム。
激ウマです。
その秘伝のレシピで煮る。
リンゴジャム

秘伝はリンゴのように真っ赤なウソ。
おいら「どうやって作るん?」
あね「適当に切って、適当に砂糖入れて、適当に煮るんや」
お酒に浸したレーズン入れたり、入れなかったり。

さて春になり、苺の季節到来。
実家で大量に摘む苺を3日分ほど溜め込んでおいて、母が作る苺ジャム。
激ウマです。
その秘伝のレシピで煮る。
苺煮ます

秘伝は苺のように真っ赤なウソ。
おいら「どうやって作るん?」
母「わすれた。」
おいら「・・・リンゴジャムは適当って言われたわ。」
母「あ、お母さんも適当」
適当に砂糖入れて、好きなだけ煮て、最後にレモン絞ります。

苺ジャムの頃とお節作る日だけ出てくるホーローのお鍋さんが好きでした。
あ、今のプチホーロー好きの原点なのだな!

苺ジャムできた←出来上がり!

さて現在。
小さめの瓶に2つできました。
苺ジャムを使った思い出お菓子はまた今度。
苺ジャム完成!

私が中学に入る頃、面倒くさくて誰も苺を摘まなくなって
母は苺を作るのをやめました。
苺は、冬を越させないといけないので、時間も手間もかかるのです。
20年ぶりにレシピ聞かれて、
母「なつかしいね」
部屋中に広がる甘い匂い、母のとこまで届くかな。


スポンサーサイト
上海生活(日々のこと) | 18:13:07 | Trackback(0) | Comments(0)
いちごさん
上海は苺が安い!というのは前に書きましたが、
思い出してやってみたいものがあり、さっそく仕込む。

きれいに洗って、ヘタを取る。
タッパーに入れて、砂糖を大量にぶっかける。
冷蔵庫で2,3日ほっとく。

と、苺シロップの出来上がり。
苺シロップ

これをソーダで割って、苺ソーダの出来上がり。
苺ソーダ
もっとキレイな色になるはず。苺ののヒゲが苦手なら、こしてね。

これはおいらの思い出ジュース。
小学生の頃、通っていたピアノ教室の先生が
赤い透明のしゅわしゅわするジュースを出してくれていた。
飲んだ瞬間、少女釘付け。かわいい上においしい!

先生にこれは何ですか?と聞けば良いのに
おかわりをねだっているようで聞けず、母に言う。
母曰く「そんなん知らんわぁ。見たことない。」
たぶんしつこく何回も言ったんだろうなぁ。
スーパーのジュース売り場もつぶさに見て回った記憶があるし。

母妥協案を出す。「自分で作ってみたら?」
え!そんなんできんの?!
母考案レシピにより、どきどきの数日間でありました。
(砂糖をぶちこむだけで、赤い液体が出てくることにビビる、初めての浸透圧体験)
出来上がりは、ちょこっと先生のと違うんだけど、
自分で作った達成感で大満足の味でありました。

そんなことができたのも、実家がド田舎で母が苺を作ってくれていたお陰。
放課後毎日、大量の苺を摘み手入れするのが子供の日課でありました。
買う苺でそげなことさせてもらえるはずがないもの。

さて現在。
キリンレモンで割ってたなぁと思って、スプライトでやってみたら
あっまー!!
苺の味も薄いしなぁ。実家の苺がおいしかったのか、思い出が美しいのか。。
大人は無糖炭酸でやるべきです。

昨日、これ飲んでいただいたお友達、すみませんでした。。


上海生活(日々のこと) | 17:58:16 | Trackback(0) | Comments(2)
西安 ガイドさん、そしてまとめ
今回のガイドさん(男性)、イマイチならぬ、イマゴくらいでした。
日本語が2割くらい何言ってるかわからないのはさておき、
最低限の説明はするものの、世間話が一切できない人で。

車の中がしーん・・・
なんとなく気まずくて
おいら「私11年前に一度西安に来たことあるんですよー」
ガイドさん「11年前?そーですか!」
・・・
おいら「やっぱり色々変わってますねぇ」
ガイドさん「そうですね。」
・・・

おいら「ガイドさんは、ずっと西安に住んでらっしゃるんですか?」
ガイドさん「はい。」
・・・終わりかよっ!

ドライフルーツを買いたかったので、
おいら「ドライフルーツはどこで買えますかね?」
ガイドさん「え?なんですか?」
おいら「ドライフルーツ、あの果物干したやつで、蜜銭(ミーチェン)って言うんですかね?」
ガイドさん「米線(ミーシェン:汁ビーフン)?」
おいら「いや、えっと果物で」
さえぎってガイドさん「あれは桂林のものですよ!食べれますけどねぇ、西安のものじゃない!」
ってそんな大声で逆ギレ風に言わんでも。。
米線が桂林のものてのは、知ってるし。。
こんな調子で、もうええわと諦めたり、最初から聞かなかったり(以前の城壁の様子とか。)

ガイドさんはドライバーさんとしゃべる。
おいらと若旦那は寝る、あるいは車窓観覧。
というのが、送迎&2日目観光の車中スタイルでした。

最終日、空港まであと10分というところで、車が止まり・・・
ん?パンク?と思ったら、
ドライバーさんドアを開けて、エロエロエーって・・・
自分で運転してて酔うなよ!もっと遠くでやってよ


そんなこんな車中だったけど、それもいつか笑える思い出に。
羊さんとイスラム族を追いかけて、より西へ行きたくなった旅でした
西安旅行記これにて終わり。

旅行 | 20:11:05 | Trackback(0) | Comments(2)
西安 イスラム街編
11年前は城壁の中に入った記憶がなく、
なんとなく羅生門の世界みたいに想像してたその中に
今回入って一目見て、都会やん!
・・・想像が古すぎたってことでしょうが。。
壁の内側←都会の喧騒

西安の都会生活を垣間見ながら、一番楽しかったのはイスラム街。
もし住んだら、毎日イスラム街歩きます!ってくらい魅了されました。
北院門街~西羊路~大麦市街をぐるぐる歩いてました。

中国特有の活気とはまた違う、なんかのほほーんとした活気。
夜が一番活気があるけど、朝にのほほーんを味わえたのが良かったなぁ。
夜の賑わい→朝9時→朝10時半
夜の賑わい朝9時朝10時半

朝を一言で言うならば猫的。
猫とおじいさん
ひげのおじいさん
こんな風景大好きです。

商売っ気がないから、愛想もない。
かと思ったら、話しかけたらニコニコしてる。
上海とは違う素朴さに、あー西安良いねーと心の伸びをして
上海に戻りましたとさ。

旅行 | 19:33:19 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 観光ややマニア編
大道観光で11年の年月を感じたり、新しいもの見たりして。
今回の西安、調べ魔かめはこを虜にしたのはこちら。
西安在住の白い恋人さん

生き様がかっこよいです。しびれます。

食べ物感動編の蘭州ラーメンも白い恋人さんの情報から。
絶対探したいから、印刷して持ってったのよっ。

そして、壁画墓を知る。
でもガイドを頼んだ旅行社から、「西安観光局からの回答」で
一般開放はまだとのことで断念。

でもちょっと大道から外れたところにも行きたい性分なので、
白い恋人さんを熟読。あ、これなら行けるのでは?と見つけたのがヤオトンです。

ヤオトンってなにー?
ってところから調べましたけどね
→大和ハウスさま ヤオトンの説明

さ、現場写真です。
市街地からさほど離れていませんが、外は塗装もされていない辺鄙な場所
ヤオトン外
門ぼろぼろの門がお出迎え
門の中門を入ると、豊かな緑が。

これがヤオトンだー!
これがヤオトン
うすとかまど庭には、粉引きうすと奥にかまどが見えます。

3連ヤオトン黄土の小山に連なるヤオトン。
山の上のおっちゃんたちは、暇そうにおいらたちを眺めてました。
石仏大きな石仏も。


この井戸今も水があるそうで、
井戸

ここを登ると、この遺跡にまつわる美しいお話。(事実らしい)
巨大ヤオトンへ
戦争に行って帰らぬ夫を18年間待っていたそうな。
巨大ヤオトン入り口
夫をまつ人その台所
1部屋が5畳くらいで、1.5畳くらいが小上がりになっていてそこが居間兼寝室っぽく。
そこに座る婦人。
土間には、小さなかまどと調理台がありました。

このヤオトン、とても大きく、2階建てで、大小さまざまな部屋があり、
こんな通路を通って、別のお部屋に行けます。まるでカッパドキアだ。
トンネル通路
棚部屋には棚もあります。

ほかに、人食い馬の伝説を人形で表した洞窟?もあったけど、
洞窟自体ボロボロな上に、人形もボロボロでおばけ屋敷。
写真を撮るのをためらうほどに怖い。。子供が泣いてました

観光地というより、地元の人の憩いの場でヨモギをつむ親子がいたり、ほのぼの。
もうすこし、どんな風に生活してたのかが見れたら良かったなぁと
少々残念に思いながらも、見れて良かったーと大満足でありました

旅行 | 10:10:20 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 大道観光郊外編
■兵馬俑
西安に来た理由。それは11年前兵馬俑に一番感動したから。
相変わらず迫力の1号抗
1号抗



ややちんまり2号抗
2号抗

表現の違う3号抗
3号抗

記憶では何号抗か辺りで、土の上に板を渡してあるような足場を歩いたような。
当時、こんな偉大な遺跡直接踏ませたらあかんてー!いくら壁でも。
はよ整備しなはれー
って思った記憶があるので、全部整備してあることにほっとしつつ残念な気も。
地下5mくらい掘ってあるところに、
1mくらい上乗せして床が出来てるから遠いのよ。
迫力がねー。

そして、武器展示館。
こんなのあったっけな。
いや、しかしこれはあかんで。
歴史と現代の友好?
あ、中身のメインは↓青銅馬車です。↑メインを忘れるインパクト
青銅馬車


当時は、観光バスに乗るまでずっと「シェンエンシェンエン(千円)」と
みやげ物をぶら下げて追いかけてくる地元の人がいたけど(どこの観光地でも)
みやげ物通りができててきれいに。あらまー
お土産街

■清華池
11年前と違うのは、どこでもまず人が多い。
清明節というのもあるけど、中国人がよく旅行するようになったってことでしょうなぁ。
どでかかった池を小さくして、舞台作ったりして観光地化されてました。
人多し中国人ツアーはこのように帽子着用だったりします
楊貴妃のお風呂
楊貴妃のお風呂

旅行 | 10:24:01 | Trackback(0) | Comments(1)
西安 大道観光市内編
11年前添乗員付きツアーで来た西安再び。
さて、記憶がよみがえるか?

■大雁搭
西安のタクシーはメーター制なので、安心して乗れます。
(しかも上海より安い!)

適当にタクシーを降りたら、ぐるーっと3/4周してしまいました。
壁に阻まれ入れて~
入り口は南にしかない。
↓適当に撮ったら、全員カメラ目線
目線

上る上る。人多し
のぼるで~2345→6→7のぼったー
てっぺん到着。
あれー、窓ガラスあったっけ?
柵から恐る恐る下を見た記憶があるけど。
そういえば、上らなかった旦那さんに向かって、
「バカヤロー!」って叫んだおばさんがいたのです。
歴史建造物から長年の色々な思いを込めた一言。仲良くやってるかなー。
大雁搭

三蔵法師が翻訳者として紹介されてる建物なんかもあります。
寺入場料25元、大雁搭上るのに別途20元。

■鐘楼
鐘楼鐘楼の鐘鐘楼からの夜景
初です。
4~10月は夜21時くらいまでやってます。ラッキー
夕飯の後に鐘楼と鼓楼セットで行くことに。
単発だと27元ずつ、セットで40元。

■鼓楼
鼓楼たいこ

鼓楼の北側におそろしくにぎわう通り発見。
これがお土産を買ったり、泡莫を食べたり、回坊人家がある北院門街です。
北院門街

■城壁
城壁城壁2
一目見て、あれ?こんなにキレイだったかいな?
もっと黄土丸見えだった気がするけどなー。
と後で母に確認したらやっぱそうだった。歳月は流れたのである。


旅行 | 13:09:29 | Trackback(0) | Comments(0)
家飲み
我が家で初家飲みやりました。
今まで何度もお友達の家にお邪魔してばかりだったので、
一念発起してお誘いかけてみました。

タパス屋みたいにしたくて、小料理をたくさん作って
後はみんなのお持ち寄り頼りで。
お酒もたくさん集まって、10時間マラソン飲み

1年前には考えられなかったメンツで楽しくわいわい。
上海駐在組だと若手の方なので、お友達はお姉さんばかり。
ほんと楽しいお姉さんばかり。
お姉さんと言うより、姐さんと呼びたくなる人ばかり。

酒好きで良かったーと思える瞬間(10時間は瞬間じゃないな。。)

最後は、旦那さんも参加(うちの若旦那も)。
頭ぷっつんしてて、お夕飯を出せず申し訳ない
今度はキッチンでテキトーに作りながら飲むのも良いですな。

西安紀行、中断してますがまだまだ続きます。

上海生活(日々のこと) | 11:38:38 | Trackback(0) | Comments(2)
西安 食べ物お土産編
あんまり買ってませんが。

お友達に柚子のドライフルーツがおいしかったと聞いてて
鼓楼北側の北院門街に並ぶドライフルーツ屋さんを覗きまくるもない。
「柚子ある?」って聞くと
「果物は売ってないよー!」と答えられたわい。こりゃ諦めるか。

上海では見ないドライフルーツを買ってみた。
西安土産
↑パイナップル、海棠(さくらんぼだと思って買った)、石子莫
石子莫は、南部せんべいみたいなのか?
と思ったら意外にクラッカーぽい。胡椒と山椒がふと香ります。
クルトン代わりにとか、チーズつけてもいけそうな?

牛羊肉泡莫のインスタント
インスタント泡莫

玉米酥(とうもろこしおこし)
とうもろこしおこし
キャラメルコーンのちょっと油多い版って感じで、
期待せずに食べたらいけました。

■買ってないお土産
兵馬俑醤
兵馬俑辛醤 大きさ15センチくらいでお土産にぴったり!
わら細工
おばあさん手作りのわら細工
西安カップ
兵馬俑のスタバカップ
とうがらし
とうがらし!
にんにく漬物
にんにくの漬物!くさいけどけっこううまい。

旅行 | 11:38:15 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 食べ物夕食編
■1日目の夕飯
徳発長
餃子。徳発長という有名店に行きました。
良くある、上の階に行くほど値段も上がって、落ち着いて食べれる方式だったんだと
思うけど、入り口の小姐に「先に座って、あそこで餃子頼んで。」と言われて、
その場のにぎわいに飲み込まれて、あたふたと1階で席を決め、メニューとにらめっこ。
頼んで料理待ってる時に、あ・・・上行けば良かったのねと二人で苦笑いです。

餃子1餃子2羊とセロリ
↑餃子2種、羊の炒め物、セロリと砂肝炒め物。
餃子、皮も具もジューシーでおいしいです。

カート餃子と飲み物以外は、このカートが来たら止めて選ぶ
これにビール2本で80元(1300円)くらい。

■2日目の夕飯
回坊人家
北院門街というイスラム街にある回坊人家。
こちらは2階席は団体客みたいで断られました。

やたら羊肉を頼む。やっぱ西の方が羊はうまいだろうってことで。
羊炒め茄子炒めケンタッキー
↑羊の炒め物、茄子の炒め物、羊の唐揚げ
その割りに串焼きは頼まなかった。なぜ?
隣の席の男女2人が串を30本くらい山積みにしていた。そんなにうまかったのか!

この羊肉の唐揚げ。からっとジューシー&スパイシー。
ケンタッキー羊版と言っても良い!ケンタの新メニューに提案すべき?

茄子も絶品だし、羊満喫!全部おいしいです。

屋台の羊串焼き。この量に圧巻!
羊串焼きと少年たち


旅行 | 16:11:00 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 食べ物小吃編
西安はイスラム街が多く、羊肉が多いです。
羊肉泡莫
泡莫これは牛肉ですが
硬いナンのようなもの(莫)を小さく千切って、春雨やネギなんかと煮てあります。
不思議な食べ物~。
スープを吸ってほにゃほにゃなナンが寒い冬ならより沁みるやろねーという感じ。
スープ待ちスープ待ち。スープが来たら自分で千切って浸すバージョン
スープのうまい店を探して食べ歩きたいものでした。
(食べたのはまあまあってこってす。)

西安の辺りは、粉もの文化っぽい。
路上で見つけたうまそうなナン。
形は3種類。
ナン
ちょっと塩味効いてて、素朴なお味でおいしい。

デザートは、黄桂柿子餅。
柿子餅柿子餅製造途中黄桂柿子餅

豫園の小吃フェスで見たけど、食べなかったもの。
出来立て1個1元です。
食感は餅というより、熟し柿。柿の繊維を感じます。
餡は金木犀らしいけど、ナッツとじゃりじゃり砂糖の食感がおもしろかった。

ちなみに、羊肉泡莫→ナン→蘭州ラーメン→柿餅 が3日目の約2時間にわたる朝食でした。

強烈に惹かれたけど食べなかったナン。
きれいな模様のナン


旅行 | 17:26:45 | Trackback(0) | Comments(0)
西安 食べ物感動編
西安で食べて一番感動したもの。
それは、
これだー!
蘭州ラーメン!!
牛肉面スープきらっきらっ

場所間違ってるけど、上海よりは随分近いから食べたかったの。
調べ魔のおいらは、食べ物までいろんな方のブログで調べ
そしてたどり着いたこちら。
蘭州ラーメン店メニューイスラム教徒なんで、お酒飲まないでと書いてある。

大麦市街の西大街と西羊路のちょうど間にあります。
麺打ち職人さんと女の子。
職人さん可愛!とってもかわいい!
この二人すごい働き者で、すごい息ぴったり。
若旦那いわく「こんな静かに働いてる中国人始めて見た」だそうな。

実は写真とって良いですか?と了承を得て撮った初めての中国人です。
少しおしゃべりもしました

皮面スープが濃厚でおいしい!
こちらは、フイ面(火偏に会)トマトスープの野菜たくさん麺。
この麺は薄く伸ばしたものを千切りながら鍋に入れてました。

あーおいしかった!上海で食べるのとぜんっぜん違う!
スープも麺もマジうまいっす!!

旅行 | 01:49:47 | Trackback(0) | Comments(2)
清明節
明日から中国は清明節で3連休。
かめはこ夫婦は西安に旅行してきます。

旅行は1ヶ月前くらいから考えていたのに、
ホテルと現地ツアーが決まったのが出発2日前の昨日。
こんなギリギリは初めてだぜ

調べだすと止まらない&調べすぎて決められない
なんでもリストや表にするリストマニアなおいら。

今回はそのドツボにはまらないように、事前にお友達に
お勧めホテルや旅行社を聞いていたのに・・・
結局リスト作ってるし。。
最終お勧めしてもらったもの1つも使ってないし。。
すみません

4月4日から2泊3日 西安旅行
行き FM9213 11:55→13:55
帰り HU7845 14:45→16:50
ホテル:君楽城堡大酒店
現地ツアー:兵馬俑、清華池、ヤオトン(横穴式住居)
(航空券はCtrip。ホテル、現地ツアーは上海の旅行社で予約)

ほんとは、西安曲江池壁画墓というお墓に描かれた壁画を
見に行きたかったんだけど、あまりに最新情報過ぎてまだ開放して無いらしい。
代わりのヤオトンだけど、これも調べすぎの途中で見つけた場所。
調べすぎが功を奏す旅行でありますように


旅行 | 19:13:59 | Trackback(0) | Comments(0)
春になりました。
春と言えばイチゴー!
いちご
こんだけで12元(200円)。わーい安ーい。

枇杷。
びわ

ちっちゃいマンゴー海南島産
マンゴー
ほかには、マンゴスチンとか龍眼とか。
桑の実なんかも出てました。

極寒の1月、雨ばっかりの冷たい2月、気温の乱高下が激しい3月を抜け
短い春がやってきております。
あっという間に夏が来るよぉ。



ついで
冬にやたら食べた皮の薄いみかん。
見た目酸っぱそうだけど、甘くておいしいんです。
みかん

青棗。これは甘くなかったけど、おいしいのはリンゴみたい。
棗

秋に食べた黒いスモモ。南米のどっか産。
黒い



上海のくだもの | 19:03:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。