■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
西安 観光ややマニア編
大道観光で11年の年月を感じたり、新しいもの見たりして。
今回の西安、調べ魔かめはこを虜にしたのはこちら。
西安在住の白い恋人さん

生き様がかっこよいです。しびれます。

食べ物感動編の蘭州ラーメンも白い恋人さんの情報から。
絶対探したいから、印刷して持ってったのよっ。

そして、壁画墓を知る。
でもガイドを頼んだ旅行社から、「西安観光局からの回答」で
一般開放はまだとのことで断念。

でもちょっと大道から外れたところにも行きたい性分なので、
白い恋人さんを熟読。あ、これなら行けるのでは?と見つけたのがヤオトンです。

ヤオトンってなにー?
ってところから調べましたけどね
→大和ハウスさま ヤオトンの説明

さ、現場写真です。
市街地からさほど離れていませんが、外は塗装もされていない辺鄙な場所
ヤオトン外
門ぼろぼろの門がお出迎え
門の中門を入ると、豊かな緑が。

これがヤオトンだー!
これがヤオトン
うすとかまど庭には、粉引きうすと奥にかまどが見えます。

3連ヤオトン黄土の小山に連なるヤオトン。
山の上のおっちゃんたちは、暇そうにおいらたちを眺めてました。
石仏大きな石仏も。


この井戸今も水があるそうで、
井戸

ここを登ると、この遺跡にまつわる美しいお話。(事実らしい)
巨大ヤオトンへ
戦争に行って帰らぬ夫を18年間待っていたそうな。
巨大ヤオトン入り口
夫をまつ人その台所
1部屋が5畳くらいで、1.5畳くらいが小上がりになっていてそこが居間兼寝室っぽく。
そこに座る婦人。
土間には、小さなかまどと調理台がありました。

このヤオトン、とても大きく、2階建てで、大小さまざまな部屋があり、
こんな通路を通って、別のお部屋に行けます。まるでカッパドキアだ。
トンネル通路
棚部屋には棚もあります。

ほかに、人食い馬の伝説を人形で表した洞窟?もあったけど、
洞窟自体ボロボロな上に、人形もボロボロでおばけ屋敷。
写真を撮るのをためらうほどに怖い。。子供が泣いてました

観光地というより、地元の人の憩いの場でヨモギをつむ親子がいたり、ほのぼの。
もうすこし、どんな風に生活してたのかが見れたら良かったなぁと
少々残念に思いながらも、見れて良かったーと大満足でありました

スポンサーサイト
旅行 | 10:10:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。