■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
辛香匯
中国語の授業で、老師(らおし:先生)が大好き!と連発していた
辛香匯(シンシャンホイ)に老師の誕生日祝いを兼ねて行くことにしました。

四川料理のお店ですごい人気で行列必至らしい。
安くてうまい!その上量が多くてメニューの数もハンパないらしい。
事実、老師がメニューブックを授業に持ってきて、
見たらまあ!すごい数ですよ。
写真つきで見開き4~6種類載ってて、女性雑誌の分厚さです。
後ろに化粧品(販売してるのか?)も載ってたりして、
メニューブック無料で持ち帰りOKなのだそうな。

当日11時少し前に同学(トンシュエ:同級生)2人と店に到着。
すでに30人くらいの人たちが溜まってます。
店頭のタッチパネル機械で、携帯番号、人数、テーブルの種類を
入力して登録すると番号紙が印字されて出てくる仕組み。
うーん、人件費の安い中国で機械を導入してるあたり、
かなり儲かってるんだろうなぁ。
辛香匯

11時開店と同時に、店の小姐が大声で番号を読み上げます。
続々と店内に入っていく客たち。
小テーブル22番の私達、その時点で最後だったようです。
すんなり入れて良かった。

店内はすごく広くて、カジュアルだけど洗練された雰囲気。
テーブル間隔も狭くなくて、ゆったりしてます。

午前の授業が終わってから来る老師を待って注文。
老師ニコニコしてます

たっくさん注文しました。
辛香匯サラダ辛香匯青菜炒め辛香匯鉄板茄子炒め
柚子とえびのサラダ、塘菜炒め、鉄板茄子炒め
辛香匯糖酢豚辛香匯水煮魚
糖酢豚、水煮魚(唐辛子と油で魚を煮たもの)
辛香匯土豆泥辛香匯玉米汁
土豆泥(マッシュポテトのかぼちゃソースがけ)、玉米汁(とうもろこしジュース)
辛香匯もち辛香匯もちの中
謎のもち。ゼリーよりのもちの食感。中はゼリーとイチゴクリームが入ってます。
辛香匯スイカ
芸術的なすいか。これはおまけです。

とうもろこしジュースは老師が「いつも頼むんだ」と当たり前のように
注文しましたが、日本人組は内心かなりビビッてました。
だって、まずいって聞くんだもん。
意外にいけました。
でもアイスレモンティがあったから、そっちのが口に合うと思う絶対。

これだけ頼んで、合計199元(3000円)!
頼んだ中で一番安い青菜炒めは4元(60円)
一番高い水煮魚は75元(1200円)
老師が同僚からVIPカード借りてきてたので、さらに12%オフになりました。

安いなぁ!しかも食べきれませんでした。
店員も愛想良かったし、この量、この安さ、小じゃれた雰囲気が
中国人にばか受けしてる理由でしょうね。
四川料理を中心に、上海人が好きな甘いじょっぱい味付けのものや
土豆泥みたいな創作料理もあり。
特に辛さを控えめにしてるから、上海人に受け入れてもらえてるのだと思う。

ほかにランチでは、66元(1100円)で4皿セット
というのがあって、その組み合わせが6種類くらいあったかな。
ご飯がついてて、飲み物は別だったかな。
66元で4、5人前らしい。あっぱれ!

色々感心したけど、めちゃおいしいわけでもないし、
辛いの平気な私には物足りないし、
時間を選ばないと絶対並ぶし・・
だったら、倍出して本格四川料理店に行くかな。
倍でも1人1500円だもん。四川料理は安いです。

店を出たら、10数人が案内待ちでした。すごい

辛香匯HP
すごーく先なら別だけど、予約をせずに店に早めに行く方がベターのようです。

スポンサーサイト
上海ランチ | 14:15:49 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。