■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ホテル予約 おまけの話
まだ中国国内線の時間が決まっていないので、
朝一を想定して、空港近くのホテルも押さえておこうと思ってました。
ホテルは前日までにキャンセルすれば良いんだし。

浦東空港近くのそこそこ良いホテルは、ラマダホテルしかない。
予約を入れようとすると、クレジットカードで先払い方式が多く、
(ラマダ特有?あるいは空港近くだから?)
もちろんキャンセルすれば戻ってくるけど、
レート手数料分損するし、なんだか面倒

明城大酒店を予約したCtripなら、クレジット情報が不要っぽかったので、
予約したら・・・。
同日に同名義で予約が入ってます。センターに連絡してください。
とエラーメールが帰ってきた。ダ、ダメか。。

結局、明城大酒店だけで良いかってことにして、
二重予約はキャンセルしました。

しかしこのCtrip、中国最大とか言われている旅行予約サイトなんだけど、
ほんとに中国とは思えない高いサービスレベル
サイトの作りもしっかりしてる。

前に西安に行った時、航空券をCtripで予約して
ホテルとガイドさんを旅行社に頼むことにした。

Ctripで予約したら、確認メールが
 ・いま申し込みが届いたので、手配中
 ・手配完了
 ・お金の集金確認しました(集金に来る時間もかなり正確だった)
 ・全部完了したんで、Ctripのポイントがいくら貯まります
と4通も来て(そのいちいちに、説明が丁寧かつ見やすい)
さらに数日後、若いお兄ちゃんから電話が来て
「航空券は予約してあるみたいですが、
ホテルは予約しなくて良いですか?」

とな!どこまで親切やねん。
ある意味、囲い込みというか商売上手?

そして出発前日には、携帯に”明日この便です。お気をつけて”
とまでメールが来る。すごい徹底ぶり。
今回もきっと前日にメールが来るんだろうな。待ってるよん。

そして楽天トラベルは、中国に旅之窓というのを立ち上げていて、
日本の楽天トラベルサイトとも情報は共有されている様子。
結構なホテル数を扱っている上に、楽天トラベルで見ると
やっぱり日本語でわかりやすいので、使えます。
ベルグレイヴィアは、楽天トラベルで予約しました。

スポンサーサイト
チベット | 10:10:24 | Trackback(0) | Comments(0)
ホテル予約
今回のチベット・上海旅行では、
上海滞在時、母はうちで、おば夫婦はホテルでとなった。

ホテルはうちの近くで、あそこかここか・・なんて妄想はしても
実際調べてなかったら、
万博が心配だ。とおばから。
あっ、忘れてたわ。5月1日から上海万博よっ!

と言っても1月中旬の話。

ざっと調べた感じでは、急激な値上がりとか、すでに満室というような
状況ではなさそう。

浦東に住んでいるし、利用空港も国際・国内共に浦東だろうから
うちの近くで、評判の良いところと思っていたけど、
ホリディイン浦東もインターコンチネンタルもシェラトンも
予算内では泊まれない。やっぱり多少値上がりしてるみたい。

そこから4つ星中心に20近くのホテルを調べるも
値段がOKでも、朝食がイマイチそうだったりして、なかなか決められないよ。
年齢を考えると、朝食に和食があるとか、安心感がないとなぁ。

そんな迷っているおいらに、若旦那が日本人の出張者が良く使っていて
評判が良いという明城大酒店を提案してくれました。
ふむ。良さそう。決定!
上海到着日の4月28日は、明城大酒店に決定です。

チベットから戻ってからの3日間は、意外なところで決定しました。
間違って開いた口コミ評価から。
それはサービスアパートメント。
マンションの設備で、ホテルのサービスをしてくれるというものですな。

ずっと心にひっかかっていた洗濯問題がこれで解消するわ!
9日間に及ぶ旅行、でもチベットでは体力を消耗してほしくないので、
手洗い洗濯などは避けて欲しい。
戻ってから、うちの洗濯機で洗ってもらう?でも全員洗濯したら干す場所が・・
なーんて問題がこれで一気に解消!やった!

5月3日から3泊は、ベルグレイヴィアサービスレジデンス
に決定。1月末にどちらも予約完了。ほっと一安心

ちなみに、調べ始めたらとまらないおいらは、
Ctrip、慢慢走、STMツアー、
エクスペディア、オクトパス、アップルワールド、ホテルズドットコム、
HIS、楽天トラベルなど計12社と各ホテルのオフィシャルサイトを回る。
調べすぎて、結局決められなくなるタイプ(←アホ)です。

チベット | 09:53:54 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。