■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
七宝
上海郊外の水郷の町、七宝(チーバオ)に行って来ました。

地下鉄が延びて、乗換え2回、浦東から1時間ちょっとで行けるようになってます。
最高気温24度の絶好の散策日和。

今回はお友達に連れてっていただきました。
行ったことあるお友達に連れてってもらうのは外れがなくてうれしい!

駅から歩くこと10分弱。
水郷の町並み登場。ばばーん。
七宝登場

豚
豚が。

中は細い路地沿いにお土産物屋さんがびっちり。
路地が細すぎてすごい人だかりに見える。
にぎわい

第1部の細い路地を抜けると、広場に。
この広場が水郷の町であることを教えてくれます。
水郷の町
アーチ状の橋。

そしてこの橋を渡ると第2部の細い路地が。
広場と第2部が小吃街。

ちょうどおなかが空き始めていて、女子3人テンション上がりまくり
うわー小龍包おいしそー!
うわー小鳥の丸焼きやー!小鳥
うわー虎の爪?って要するにパン?虎
甘いものもたくさん。

あ、道が終わっちゃった。
細い路地を練り歩いて広く感じたけど、せいぜい1Km四方かしら?
細い路地にごちゃごちゃ、わーわーうるさくてこそ、このテンションなのだ。楽しい!

さてさて、もうおなかが待てません。
しかし、ここで新参2名腹をくくりました。
臭豆腐に初トライ!
臭豆腐は市内あちこちの屋台でも売られていて、なんとも言えない悪臭を
漂わせている豆腐の発酵加工品です。
橋の袂に行列している臭豆腐屋発見。4個で2元(30円)。

並んでいる時からあまり臭くない。
人を真似して、辛いタレとしょうゆ風なものをかけてみた。
臭豆腐!

念のため、お友達お勧めの小龍包屋の前まで移動する。
こうすればまずくても、すぐに別のもので口直しができるでしょ。
意を決して食す。

どうどうどう?
あれー?おいしい。全然臭くない。とはもう一人の新参。
おいらも挑戦。
あれま、臭くないじゃない。おいしいおいしい。
できたての厚揚げを食べてるような感じ。

ゲテモノにトライしたのに、びっくりおいしかったら、それはもう笑顔満点
ガイジン3人が笑顔満点で臭豆腐を食べてる様は、興味を引いたようで
「それどこで買えるの?」とまず中年夫婦に聞かれ、
ジャージの女子中学生にも聞かれました。

この臭豆腐はきっと発酵が浅い、臭くない部類のものに違いない。
すごいのはもっと黒いと思うから。
初挑戦は見事に成功でした

臭豆腐を楽しんでから、次は小龍包。
金牌(ジンパイ:金メダル)と言う名の蟹味噌入り小龍包と、焼売。
金牌は濃厚でおいしい。焼麦はややあっさりだけど、米なんで腹にたまります。

食後は裏路地を散策。
モエエシャンドンとおっちゃん
モエエシャンドンのパラソルの下で、皮製品を修理するおっちゃん。
そのパラソルどっからパクって来たの。

裏通り桶
裏路地は、土産物やシャオチーを作る裏方。
足湯や湯船の桶を作ってる店先で、土産物屋より安く漢方足湯バスクリンを購入。
しモ?
えーとこれは、しモの香り?いやーんそんな香り。
多分レモンの香り。

再び戻って、今度は甘いものをゲット。
草団子20分並んで買った草団子。
今川焼きカラメル付き今川焼き
サンザシサンザシの砂糖がけ 酸っぱくておいしい

お土産物屋を冷やかしながら駅まで戻る。
駅前のコーヒー屋さんで、今川焼き、草団子、サンザシを食す。
あーおいしかったー。

七宝は水郷の町改め、小吃の町。
スポンサーサイト


上海散策 | 19:15:06 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。