■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
りんごちゃん いちごちゃん
この冬は、”ハムの人”ならぬ”ジャムの人”と
言われかねないくらい、リンゴジャムを作って人にあげていた。

お歳暮で箱リンゴもらう実家で、下の姉が作ったリンゴジャム。
激ウマです。
その秘伝のレシピで煮る。
リンゴジャム

秘伝はリンゴのように真っ赤なウソ。
おいら「どうやって作るん?」
あね「適当に切って、適当に砂糖入れて、適当に煮るんや」
お酒に浸したレーズン入れたり、入れなかったり。

さて春になり、苺の季節到来。
実家で大量に摘む苺を3日分ほど溜め込んでおいて、母が作る苺ジャム。
激ウマです。
その秘伝のレシピで煮る。
苺煮ます

秘伝は苺のように真っ赤なウソ。
おいら「どうやって作るん?」
母「わすれた。」
おいら「・・・リンゴジャムは適当って言われたわ。」
母「あ、お母さんも適当」
適当に砂糖入れて、好きなだけ煮て、最後にレモン絞ります。

苺ジャムの頃とお節作る日だけ出てくるホーローのお鍋さんが好きでした。
あ、今のプチホーロー好きの原点なのだな!

苺ジャムできた←出来上がり!

さて現在。
小さめの瓶に2つできました。
苺ジャムを使った思い出お菓子はまた今度。
苺ジャム完成!

私が中学に入る頃、面倒くさくて誰も苺を摘まなくなって
母は苺を作るのをやめました。
苺は、冬を越させないといけないので、時間も手間もかかるのです。
20年ぶりにレシピ聞かれて、
母「なつかしいね」
部屋中に広がる甘い匂い、母のとこまで届くかな。
スポンサーサイト


上海生活(日々のこと) | 18:13:07 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。