■プロフィール

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かきこみ飯
福州路から云南中路を南に下ったところにあるお店。
舒蔡記生煎菜館
20070918舒蔡記生煎菜館
看板の下の白い出っ張り、銭湯の番台のようなレジで先に払って、レシートを持って並ぶ仕組み。「菜飯(ツァイファン)」と言うと通じたようだ。
Tシャツのおっちゃんたちに混じって並んでいると、きれいな格好のオフィスガールも来ました。
あ、おいしいんだ。となんとなく安心する。

20070918舒蔡記生煎菜館鉄板
この鉄板、モリモリのチャーハンの下は1センチくらい油が溜まっているのだ、ヒーッ
おばちゃんは油は避けて皿に盛ってくれたのでホッ

これが菜飯、4元。
20070918舒蔡記生煎菜館菜飯
具はチンゲン菜とシイタケとハムと豚の脂身。
シイタケがうまーい。しかし・・・
オフィスガールはテイクアウトできれいな社内で食べたのだろうけど、
私は店内でいただきました。
店内を形容すると小楊生煎館と同じ類なのだけど、もっと閉鎖的でダークな感じ。

1センチの油を見たせいもあってか、ちょっと油っこいなあ、早く出たいなあ、シイタケうまいなあと言う3つの葛藤の結果、
豚の脂身を避けつつ、シイタケを探しつつ、早くかきこむという動作をすばやく繰り返し、7分の滞在で店を後にしました。

一度行ってみたかったのよ。一度で満足だわ。あばよっ
スポンサーサイト


上海ランチ | 12:59:56 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。