■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新場ランチ
ランチは案内板に2箇所載っていたうちの近い方に。
そこに近づくと、隣にもう1軒食堂が。
両方客引きされたけど、エアコンが効いている案内板に載ってる方の店に。
お店外観古鎮私房菜メニュー看板

小姐のお勧めも聞いて、料理注文。
食べていたら、女主人ぽいおばちゃんが来て
「隣の店も見てたでしょ。」と言うから「うん」と答えたら
「あの店は汚いのよー!」とやたらののしってました。
仲悪いのね。。

東海ビール←市内で見かけないビール
自家製鶏と豚肉←自家製鶏と豚肉
タニシ!←タニシ
臭豆腐など←左からセロリとユリネの炒め物、臭豆腐、土鍋ご飯

この店の驚きメニューは臭豆腐。
七宝のおいしい臭豆腐をイメージして注文したけど
出てきたのは違った。
蕗(?)の塩漬けと冬瓜と臭豆腐を煮込んだもの。
臭豆腐はちょっとしょっぱい豆腐くらいなのだけど、
冬瓜が!くさっ!しょっぱっ!
塩漬けの塩気と豆腐の臭さを見事に吸い込んだ冬瓜になっていて、
もう冬瓜が臭豆腐なのれす!

しかし、”臭豆腐はちょっとしょっぱい豆腐くらい”
と言う私の感想も2人には受け入れていただけず、
2人ギブアップ。臭豆腐だけ食べる私。

タニシも初めて食べたなぁ。
自分ちで育てた鶏、これがおいしかったです。

そして1人のお友達がおばちゃんに質問。
「あの隣の店の看板に”野生朋友”と書いてあったけどあれは何?」
朋友 は友達の意なので、野生の友達って何?!しかも朋友食べるの?
とおののいた3人の疑問をぶつけてみたら
「朋友魚(ポンヨウユゥ)だよ。小さい河魚。」
あ、魚なんだぁ。
なんだぁもっとゲテモノかとちょっと期待してたのに。てへ

河魚と聞いて食べませんでしたが
(タニシ食べといて何言うかって?)
ポンヨウユゥどなたかお試しくだされ。

姐さんの推測では、小さな魚が群れて泳いでいるから
ポンヨウなのではないかとのこと。なるほどねー。

上海散策 | 16:44:46 | Trackback(0) | Comments(0)
新場
それは突然の行き先変更だった。

当初3月に行った七宝に、3月のメンバー3人+初1人で
行く予定だったのが、初1人が急用で不参加になり。

同じメンバーで同じ場所?・・・でもいっか。
なんて思ってるお気楽な私とは違って、
こんなときに頼りになる姐さんがいるのです。

姐さん、会った瞬間、2箇所の別の場所の名を言う。
さ、さすがです!
そのうち姐さんも行ったことのない場所にトライ!

龍陽路駅から市バス 龍芦専線で約1時間(5元)揺られて着いた新場古鎮。
七宝よりもまだまだ観光地化されていない穴場古鎮です。

観光地化し始めて日が浅いようで、地図看板や案内矢印なんかは
新しくきれい。それでいて、まだまだ人が生活しています。
地図看板案内矢印

例えば七宝だとお店がずらーっと並んでいる場所が、
人々の台所が向かい合う通路で、ちょっと中が見えちゃいます。
それがまた風情があって良い。
台所向かい合う

わざわざ来る人も少ないようで、のんびりとしたお散歩になりました。
(桃の花の季節は人が多いらしい)

横幅500m×縦2000m弱と言ったところでしょうか。
茶館が2つ、ご飯処数箇所、ひなびすぎた旅館が1つ、
一番南に大きな寺が1つ、琵琶の稽古場1つといった具合で
後は住居とその生活に必要な商店。
七宝のようにお土産物屋、小吃屋がずらーってなことにはなってません。
新場風景琵琶稽古場
ひなびすぎた旅館←網戸に大きな穴が!
川沿いの通り川沿いの風景
蓮の花大きなお寺

今後どのようにしていくのだろう?と考えながらも
都会の喧騒を忘れられるこのままの場所であって欲しいなと思ったり。

続いてランチと茶館のお話です。

上海散策 | 16:28:30 | Trackback(0) | Comments(0)
上海博物館
7月30日、上海博物館へ行きました。
上海博物館

いつでも行けると思ってなかなか行かない博物館。
帰国の決まったお友達に誘われて行ってきました。
入場無料になってから久しいため、夏休み中でも平日午前中は
行列もせずすんなり入れました。

上海博物館は写真撮り放題。
4階建てで、
 1階 石彫刻と青銅
 2階 土器、陶器
 3階 印、書、絵
 4階 貨幣、玉、家具

2階には茶館もあって、半日時間つぶせます。
結構さらーっと見ても2時間半かかったかな。
私の興味は、景徳鎮と玉にあるようでした。
(撮った写真に偏りが。。)

石仏ネーム1
盆ネーム2
剣←映画赤壁に出てくるような剣
枕1枕2←枕シリーズ
景徳鎮1景徳鎮2景徳鎮3
玉

無料なので、1日1フロアくらいでゆっくり見るのもありかと。
次は2階中心で行ってみよう!

日本語音声ガイドあり レンタル20元
日本語の館内案内リーフレットあり
各展示室に日本語展示物案内リーフレットあり

上海散策 | 14:38:43 | Trackback(0) | Comments(3)
小吃続き
七宝から1週開けて、豫園の小吃フェスティバルに行ってきました。
毎年やってるらしいけど、去年は知らなかったなぁ。

中国各地の有名小吃が100店舗以上集まっているらしい。
中国各地もあまり知らないし、有名小吃もあまり知らないからわくわくです。

行くとお昼少し前だけど、混雑。
いつもの豫園より人多し。
混雑

一通り見るも、見たことないものが多い。
せっかくだから見たことないものを食べたいけど、
見たことないのは勇気がいる。
ってんで、この辺りを食べてみた。
生煎ビーフンネギ焼煎
↑ 江浙生煎、ビーフン、ニラ入りパリパリクレープ

コーン梨ムシャク小龍包
↑ コーン粉の揚げ物 やや甘いしこりゃおやつ、梨茶?甘くない!、無錫小龍包 味濃い

だし?
↑食べてないけど、羊の頭が。だしか?

十八街
↑天津のかりんとう 胡麻味

今回の絶品はこれ!
釣鐘焼
この釣鐘焼は台湾らしいけど、南京東路のソフィテルホテル辺りにもあるらしい。
今度探してこよう。

上海散策 | 09:57:46 | Trackback(0) | Comments(0)
七宝
上海郊外の水郷の町、七宝(チーバオ)に行って来ました。

地下鉄が延びて、乗換え2回、浦東から1時間ちょっとで行けるようになってます。
最高気温24度の絶好の散策日和。

今回はお友達に連れてっていただきました。
行ったことあるお友達に連れてってもらうのは外れがなくてうれしい!

駅から歩くこと10分弱。
水郷の町並み登場。ばばーん。
七宝登場

豚
豚が。

中は細い路地沿いにお土産物屋さんがびっちり。
路地が細すぎてすごい人だかりに見える。
にぎわい

第1部の細い路地を抜けると、広場に。
この広場が水郷の町であることを教えてくれます。
水郷の町
アーチ状の橋。

そしてこの橋を渡ると第2部の細い路地が。
広場と第2部が小吃街。

ちょうどおなかが空き始めていて、女子3人テンション上がりまくり
うわー小龍包おいしそー!
うわー小鳥の丸焼きやー!小鳥
うわー虎の爪?って要するにパン?虎
甘いものもたくさん。

あ、道が終わっちゃった。
細い路地を練り歩いて広く感じたけど、せいぜい1Km四方かしら?
細い路地にごちゃごちゃ、わーわーうるさくてこそ、このテンションなのだ。楽しい!

さてさて、もうおなかが待てません。
しかし、ここで新参2名腹をくくりました。
臭豆腐に初トライ!
臭豆腐は市内あちこちの屋台でも売られていて、なんとも言えない悪臭を
漂わせている豆腐の発酵加工品です。
橋の袂に行列している臭豆腐屋発見。4個で2元(30円)。

並んでいる時からあまり臭くない。
人を真似して、辛いタレとしょうゆ風なものをかけてみた。
臭豆腐!

念のため、お友達お勧めの小龍包屋の前まで移動する。
こうすればまずくても、すぐに別のもので口直しができるでしょ。
意を決して食す。

どうどうどう?
あれー?おいしい。全然臭くない。とはもう一人の新参。
おいらも挑戦。
あれま、臭くないじゃない。おいしいおいしい。
できたての厚揚げを食べてるような感じ。

ゲテモノにトライしたのに、びっくりおいしかったら、それはもう笑顔満点
ガイジン3人が笑顔満点で臭豆腐を食べてる様は、興味を引いたようで
「それどこで買えるの?」とまず中年夫婦に聞かれ、
ジャージの女子中学生にも聞かれました。

この臭豆腐はきっと発酵が浅い、臭くない部類のものに違いない。
すごいのはもっと黒いと思うから。
初挑戦は見事に成功でした

臭豆腐を楽しんでから、次は小龍包。
金牌(ジンパイ:金メダル)と言う名の蟹味噌入り小龍包と、焼売。
金牌は濃厚でおいしい。焼麦はややあっさりだけど、米なんで腹にたまります。

食後は裏路地を散策。
モエエシャンドンとおっちゃん
モエエシャンドンのパラソルの下で、皮製品を修理するおっちゃん。
そのパラソルどっからパクって来たの。

裏通り桶
裏路地は、土産物やシャオチーを作る裏方。
足湯や湯船の桶を作ってる店先で、土産物屋より安く漢方足湯バスクリンを購入。
しモ?
えーとこれは、しモの香り?いやーんそんな香り。
多分レモンの香り。

再び戻って、今度は甘いものをゲット。
草団子20分並んで買った草団子。
今川焼きカラメル付き今川焼き
サンザシサンザシの砂糖がけ 酸っぱくておいしい

お土産物屋を冷やかしながら駅まで戻る。
駅前のコーヒー屋さんで、今川焼き、草団子、サンザシを食す。
あーおいしかったー。

七宝は水郷の町改め、小吃の町。

上海散策 | 19:15:06 | Trackback(0) | Comments(0)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。