■プロフィール

かめはこ

Author:かめはこ
2007年4月に結婚。
2007年に半年の上海生活を経て、2008年3月から2度目の生活開始。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
かわいい
アテンドの時に泰康路の雑貨屋さんで
見つけたかわいいポストカード。

三越でも見つけたので、買い足しました。
ポストカード

なかなかかわいいやつ。お土産にも使えそうですね。
奇趣牌博客

上海ショッピング | 17:23:13 | Trackback(0) | Comments(1)
久しぶりの散策
めっきり1人で冒険に出るのが減ってしまって
久々行ってきました。

第1の目的は、オークラホテル内の三越のバーゲン
20周年だとかで、20%オフとか、200元の福袋とか。
さんざん迷って、アナベルリーの福袋200元をゲットしました。

アナベルリー、素敵なんだけどお高いので、自分で買うのは初。
たぶん定価なら倍出しても買えないと思う
アナベルリー

ジュエリーボックスと手提げ袋は欲しかったもの。
残りの2つはお土産にしよう。
福袋と言っても、事前に出ているチラシに中身が公開されているのだ。
そして買う前にちょっと袋を開けて色を確認しちゃってもOKだった。

ランチは進賢路にあるCitizenCafe。
たまーにしか来ないけど、落ち着いた雰囲気が好きです。

第2の目的は、長楽路で洋服チェック~。
茂名南路→重慶南路まで東へ散策。
長楽路はセレクトショップ的な洋服屋さんが軒を連ねていて
でも思ってたより斬新過ぎた感があり、少し土臭いくらいのおいらには
着れねー、高ーい って感想で収穫なしでした。残念

そして辿り着いた 南路でたまたま見つけたパン屋さん。
たたずまいがおいしそうな予感
ilu店舗

パンもケーキも種類が多くて、イートインコーナーもあった。
特徴はハード系パンがたくさんあるところかな。
(ハード系はやっぱりちょっと高い)

帰って調べたら、台湾のチェーン店のよう。
iluのパン
ガーリックベーコンフランスパン と ドライイチジクのパン

フランスパンはそとはパリッ、なかはふわふわで好み
ドライイチジクは、イチジクたっぷりで幸せ~
このお店また行きます!

ilu意濾
 黄陂南路駅すぐ香港新世界ビルB1
 021-6335-4050

帰りにバス停で見つけたもの。
胖阿姨袜子店
胖阿姨袜子店
→胖おばさんの靴下店
ふぅ~んって感じだろうけど、中国語を少し知っていたらびっくりできる。
胖は「太っている」という意味なので・・
ふとっちょおばさんの靴下店
ってことになっちゃう。

やっぱり店の中のぞいちゃいました。
そしておばさんは太っていました。ぷぷぷ

でも調べたら、かなり少ないけど胖姓の人がいるらしい。

さらに調べたら、大衆評価に載ってた!
大衆点評 胖阿姨袜子店
靴下の質も良いし、おばさんは優しくて良い人らしい。
値切られるのが嫌いらしい。
実際質は良さげに見えたので、次は店に入ってみたい

上海散策 | 12:48:17 | Trackback(0) | Comments(1)
大好き沈大成
沈大成のことは、過去2回ほど(1回2回)書いていたけど
今日は写真をつけて上げてみよう。

来た当初から、南京東路に行くとついつい買っちゃうのです。
お友達のアテンドでも必ず南京東路は行くから
立ち食いとかでお勧めしちゃう。

ビルの上にでっかいコカコーラが乗ってたけど、
去年あたり取り外した際に、店舗もこぎれいになりました
最近の写真がないな
コカコーラon沈大成沈大成の人だかり
↑赤いのがコーラの瓶   ↑いつも混んでる

市内にすごーく地味にいろいろ支店を出してるけど、
出来合いを売ってる店のが多いかも。
沈大成のお餅たち沈大成のこれは
↑並ぶ餅たち           ↑もち米の上にナッツが乗ってる不思議な食べ物

南京東路の店はその場で作ってますよ。
奥が沈大成レストランなので、そこも一度冒険してみたい場所。

いつも買うのはこの2つ
よもぎ餅きなこ餅
↑青団(よもぎ餅)        ↑黄金餅だったかな?(きなこ餅)

よもぎ餅は照明でありえない緑色になってますが
実際はもうちょっとマットな感じ。

きなこ餅は、餡がきなこってところが大好きだー!
きなこの量はご愛嬌で、こんな時もある↓
きなこ餅少

なんと言っても餅の柔らかさ!
すぐに食べるのがお勧めですが、
持ち帰りならレンジで20~30秒でふわふわに。
中のアツアツあんこに気をつけて
あ、もうひとつ。吸い込むときなこにむせるから気をつけて

上海のお菓子 | 11:20:21 | Trackback(0) | Comments(0)
ホテル予約 おまけの話
まだ中国国内線の時間が決まっていないので、
朝一を想定して、空港近くのホテルも押さえておこうと思ってました。
ホテルは前日までにキャンセルすれば良いんだし。

浦東空港近くのそこそこ良いホテルは、ラマダホテルしかない。
予約を入れようとすると、クレジットカードで先払い方式が多く、
(ラマダ特有?あるいは空港近くだから?)
もちろんキャンセルすれば戻ってくるけど、
レート手数料分損するし、なんだか面倒

明城大酒店を予約したCtripなら、クレジット情報が不要っぽかったので、
予約したら・・・。
同日に同名義で予約が入ってます。センターに連絡してください。
とエラーメールが帰ってきた。ダ、ダメか。。

結局、明城大酒店だけで良いかってことにして、
二重予約はキャンセルしました。

しかしこのCtrip、中国最大とか言われている旅行予約サイトなんだけど、
ほんとに中国とは思えない高いサービスレベル
サイトの作りもしっかりしてる。

前に西安に行った時、航空券をCtripで予約して
ホテルとガイドさんを旅行社に頼むことにした。

Ctripで予約したら、確認メールが
 ・いま申し込みが届いたので、手配中
 ・手配完了
 ・お金の集金確認しました(集金に来る時間もかなり正確だった)
 ・全部完了したんで、Ctripのポイントがいくら貯まります
と4通も来て(そのいちいちに、説明が丁寧かつ見やすい)
さらに数日後、若いお兄ちゃんから電話が来て
「航空券は予約してあるみたいですが、
ホテルは予約しなくて良いですか?」

とな!どこまで親切やねん。
ある意味、囲い込みというか商売上手?

そして出発前日には、携帯に”明日この便です。お気をつけて”
とまでメールが来る。すごい徹底ぶり。
今回もきっと前日にメールが来るんだろうな。待ってるよん。

そして楽天トラベルは、中国に旅之窓というのを立ち上げていて、
日本の楽天トラベルサイトとも情報は共有されている様子。
結構なホテル数を扱っている上に、楽天トラベルで見ると
やっぱり日本語でわかりやすいので、使えます。
ベルグレイヴィアは、楽天トラベルで予約しました。

チベット | 10:10:24 | Trackback(0) | Comments(0)
ホテル予約
今回のチベット・上海旅行では、
上海滞在時、母はうちで、おば夫婦はホテルでとなった。

ホテルはうちの近くで、あそこかここか・・なんて妄想はしても
実際調べてなかったら、
万博が心配だ。とおばから。
あっ、忘れてたわ。5月1日から上海万博よっ!

と言っても1月中旬の話。

ざっと調べた感じでは、急激な値上がりとか、すでに満室というような
状況ではなさそう。

浦東に住んでいるし、利用空港も国際・国内共に浦東だろうから
うちの近くで、評判の良いところと思っていたけど、
ホリディイン浦東もインターコンチネンタルもシェラトンも
予算内では泊まれない。やっぱり多少値上がりしてるみたい。

そこから4つ星中心に20近くのホテルを調べるも
値段がOKでも、朝食がイマイチそうだったりして、なかなか決められないよ。
年齢を考えると、朝食に和食があるとか、安心感がないとなぁ。

そんな迷っているおいらに、若旦那が日本人の出張者が良く使っていて
評判が良いという明城大酒店を提案してくれました。
ふむ。良さそう。決定!
上海到着日の4月28日は、明城大酒店に決定です。

チベットから戻ってからの3日間は、意外なところで決定しました。
間違って開いた口コミ評価から。
それはサービスアパートメント。
マンションの設備で、ホテルのサービスをしてくれるというものですな。

ずっと心にひっかかっていた洗濯問題がこれで解消するわ!
9日間に及ぶ旅行、でもチベットでは体力を消耗してほしくないので、
手洗い洗濯などは避けて欲しい。
戻ってから、うちの洗濯機で洗ってもらう?でも全員洗濯したら干す場所が・・
なーんて問題がこれで一気に解消!やった!

5月3日から3泊は、ベルグレイヴィアサービスレジデンス
に決定。1月末にどちらも予約完了。ほっと一安心

ちなみに、調べ始めたらとまらないおいらは、
Ctrip、慢慢走、STMツアー、
エクスペディア、オクトパス、アップルワールド、ホテルズドットコム、
HIS、楽天トラベルなど計12社と各ホテルのオフィシャルサイトを回る。
調べすぎて、結局決められなくなるタイプ(←アホ)です。

チベット | 09:53:54 | Trackback(0) | Comments(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。